新着記事
2009年01月28日

Picasa 3 のここが便利!(2)

これまで写真の修整・加工を行うときには、ホームページビルダーの付属ソフト「ウェブアートデザイナー」で間に合わせてきました。しかし「ウェブアートデザイナー」は GIF画像などの作成編集はともかく、写真画像の修整・加工機能はイマイチなうえ、本体ホームページビルダーのバージョンが上がっても、「ウェブアートデザイナー」は進化もしていないようです。

「Picasa 3」の画像編集機能は直感で操作ができて、パソコン、ソフトウェアの扱いに不慣れな人でも使いやすく出来ていると思います。

「Picasa 3」公式サイト(ダウンロードはこちらから)
Picasa スタートガイド:編集機能の説明

一目でわかる「Picasa 3」の画像編集画面
写真のサムネイルをダブルクリックすると、画像編集画面に切り替わります。画像編集画面の左側のメニューはタブ形式になっていますので、「Picasa 3」のツールバーから目的の編集メニューを探す必要はありません。(下の画像はクリックで拡大)

Picasa 3 の[基本編集]タブ
Picasa 3 の[基本編集]タブ
Picasa 3 の[調整]タブ
Picasa 3 の[調整]タブ
Picasa 3 の[効果]タブ
Picasa 3 の[効果]タブ


明るさ・コントラスト・色合いの調整
デジカメの自動モードお任せで撮影しても、天気の具合で明るさや色合いが気に入らない写真になってしまうことがよくあります。また露出補正の失敗などのゴミ箱行きの写真も、画像修正ソフトで救える場合があります。「Picasa 3」では[I'm Feeling Lucky]をワンクリックするだけで、写真の色やコントラストが自動的に調整されます。しかし巧く調整出来ない場合もあるので、そのときは「自動コントラスト調整」や「自動色調整」を試し、それでも気に入らなければ[調整タブ]を開いて各レバーで微調整できます。

「ウェブアートデザイナー」では明るさやコントラスト修正の調整レバーは段階的にしか動かないですが、「Picasa 3」はなめらかに動かせるので微調整が可能です。

「切り抜き」「レタッチ」「テキスト」機能について
「Picasa 3」の新機能のうち「レタッチ」と「テキスト」はかなり便利です。
続きを読む


posted by Masako at 22:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | サイト制作試行錯誤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年01月27日

Picasa 3 のここが便利!(1)

Googleが無料で公開している画像管理・編集ソフト「Picasa 3」は、パソコンに保存しているデジカメ写真の管理と、画像を修正・加工するための基本的な機能を同時に備えたツールです。パソコンに保存している画像が把握しきれず困っている人や、高価な画像編集ソフトを購入する気はないけれど、人に見せる写真(プリントアウトの場合も、ブログに掲載する場合も)の見栄えをもう少し良くしたいと考えているような人にお勧めです。

私はバージョン2をダウンロードしてありましたが、いまいち使い込んではいなくて、最近は立ち上げることもない日陰のソフトとなりつつありました。英語版では既に導入されていた「Picasa 3」が、2008年12月16日に日本でも正式版として公開されたので、2週間ほど前にバージョンアップ。改めて使ってみたらバージョン2よりかなり進化していて、今や重宝なソフトで手放せなくなりました。そこで私の場合の「Picasa 3」の「ここが便利!」や、具体的な使い方について紹介してみます。

「Picasa 3」公式サイト(ダウンロードはこちらから)
Picasa 3 の機能の概要

Picasa 3 の画像管理のコツ
インストールして初めて起動したとき、「Picasa 3」がパソコンに保存してある画像をスキャンし、ダダダダダッ…と読み込むのに面食らう事と思います。起動時スキャンはパソコンのハードドライブ上のフォルダやファイルに変更があれば、起動したときいつも行われます。実は私が「Picasa 2」を使用しなくなっていた原因が、この起動時スキャンのうざったさでした。そこで無駄なスキャンをなるべく行わないようにする方法を考えました。

画像管理ソフトとしての「Picasa 3」の最大の利点は、パソコン上の保存画像を「Picasa 3」上で一気に見られることです。たとえば以前に撮影しパソコンに保存した写真の中の、「きれいに撮れた富士山の写真」を探す場合、エクスプローラなら心当たりのフォルダをひとつひとつ開き選び出すという作業をします。「Picasa 3」ではスクロールバーをスライドさせれば、「Picasa 3」で認知させた画像全てのサムネイル画像を一覧することが可能です。また、画像を探し出すための「検索機能」もあります。ただしそのためには、保存画像全てを「Picasa 3」に取り込まなくてはならないため、インストール時の画像全てのスキャンは必要です。

で、問題はいったん全スキャンを行った後の設定です。
続きを読む
posted by Masako at 14:32 | Comment(8) | TrackBack(0) | サイト制作試行錯誤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月29日

旅行記録を書くことについて

年の瀬です。
連日書いているネパール旅行の記録をなんとか今年中に完成させたかったのですが、さすがに無理です。記憶に間違いがないか調べるためネット上の情報をチェックすると、時々引き込まれるサイトに遭遇して読みふけってしまいます。しかもそのサイトからリンクされた関連サイトに飛ぶと、全く別な情報が面白くてのめり込んだり…。あら、元々何を調べていたのだっけ?こんな調子なので、時間がかかります(笑)
なので、続きは年を改めてからにします。

ところで帰国してしばらくした頃、ツアーでご一緒した方から連絡を頂きました。メンバー全員とは連絡先の交換をしなかったのですが、ウェブサイト(ホームページのほう)をやっていることは伝えていました。連絡下さった人にはたまたま「URLを知らなくても私の本名で検索してもわかるはず」と伝えてあったので、どうやらわざわざ探して閲覧してくださったようです。

で、旅行のレポートが詳しいのに驚かれ、非公開コメントで『ブログを見にきたら、いつでもあの旅の中にタイムスリップできると思うと、ほんとうにうれしいです』と、仰って頂きました。
そう、面倒でも詳しい旅行記録を作成しているのは、私自身があとで読み返したとき、旅して得た感動や思い出を追体験したいからなのです。おまけに記憶力が落ちる一方の年齢です。記憶が鮮明なうちに、書くことで記憶を補完・補強しておきたいわけです。また、作成中にいろいろ調べることで、帰ってからもう一度「旅」を楽しめるという効果もあるのです。

旅行記録は個人的な記録であると同時に、webで公開しているので、また別の意味を帯びてきます。
続きを読む
タグ:ネット
posted by Masako at 22:02 | Comment(6) | TrackBack(0) | サイト制作試行錯誤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。