新着記事
2011年05月31日

ミニミニ胡蝶蘭が今年も咲いた

ミニミニ胡蝶蘭昨年加入している生協を通して購入したミニミニ胡蝶蘭「lian」は、購入後にどんどん花を開花させて、長く楽しませてもらいました。胡蝶蘭の管理は難しく、以前戴いた普通サイズの胡蝶蘭の鉢植えは、翌年以降に花を咲かせることはできませんでした。ところがこのミニミニ胡蝶蘭「lian」は、今年もこんなに花を咲かせてくれました。

昨年花が終わってからは同封されていた「四季の管理」というプリントに従って手入れしました。手入れと言ってもぶっちゃけ数日に1回程度の水やりだけ。液肥もほとんどあげていません。

秋が深まっても花芽が現れず半分諦めました。調べたら花芽育成には昼夜の時間差が必要で、秋の夜を人工的に作るように鉢に箱や袋でカバーを掛けると良いらしい…。我が家のミニミニ胡蝶蘭を置いた出窓は外に街路灯があり夜間も結構明るいし、部屋は深夜まで起きていてカーテン越しに照明が漏れているようだし、ミニミニ胡蝶蘭は秋を感じていなかったみたいです(笑)

で、早速実行したところ翌年にようやく花芽が延びてきました。蕾がふくらむのが待ち遠しく、初めの花が開花したのが4月下旬。で、今7つの花が咲き誇っています。おそらく真夏まで元気に咲き続けると思います。
続きを読む


posted by Masako at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | impression | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月23日

掃除機の話

ネットで交流している tukasa さんから「お掃除ロボットルンバを買いたいと思っているのですが、どう?」とTwitter経由でお訊ねがありました。2007年7月にルンバを購入し、このブログで「お掃除ロボット ルンバの使用感」という記事を書いたからです。ルンバを3年使ってみてあれこれ思うことは個人的にお伝えするだけではもったいない気がするので、tukasa さんの了解も得て“公開”で書くことにしました。ただ、思いつくまま、ですからだらだら長いです(笑)

これを機会にルンバについてネットで検索してみると、『ルンバは故障が多い。こんなの買っちゃダメです』と書かれたページがありました。
ルンバトラブル

私が買ったルンバは幸いにして、今まで故障といえるような故障はまだありません。「バッテリーの寿命が近づくと動作がおかしくなることもある」以外はトラブルはなく、今でも便利に使っています。

《3年の間にこんなことを思いました》
iRobot社の顧客サポート・サービスについて
3年前に掃除機の買い換えを思い立ち、ルンバの評判をネット上で調べ買うつもりになっていたある日、偶然某デパートでの店頭実演販売に遭遇してその場で即決購入しました。そのときの販売員(おそらく本社の営業マン)がユーザー登録をしておいてくれると言うので、ユーザー登録ハガキを出さずにいたら1年経過しても何の案内状も来ません。使えるのでそのまま使用していたら、十数ヶ月経過した秋頃にはバッテリーがダメになって充電できなくなりました。で、サービスセンターに電話していきさつを話したところ、1年の保障期間を過ぎているのにも関わらずユーザー登録をしていただき、無料の初回メンテナンスのサービスを受けることができました。この経験からiRobot社のサポート・サービス体制はきちんとしているという印象を持っています。

◎有料メンテナンスについて
有料メンテナンスの内容は、本体の動作チェック、付属品の動作チェック、最新ソフトウェアへのアップデート、分解・清掃です。¥7,000のレギュラーパックと、バッテリー交換をプラスしたサービスパック¥17,500(共に税込・往復送料込)があります。今年初め、有料メンテナンス「サービスパック」を申し込み利用しました。ダスト容器のフィルターをセットする箇所にゴム製のベロがあるのですが、接着部分が2センチほど剥がれてしまい、修理をお願いするメモ書きを添えて送りました。納品されたルンバは本体の一部であるダスト容器そのものが新品に交換されており、修理などが発生した場合は修理代無料(レギュラーパックの場合は有料修理)なら「¥17,500」も納得の範囲かなと思うようになりました。

メンテ申し込みの時に、使用機種を無料下取りしたうえで店頭デモで使用した最新モデルを特別価格で買い換えられるという案内もあったのですが、現在の機種をまるで減価償却していないので断りました。でも、しつこい売り込みはありませんでした。

◎日頃の手入れについて
初めの頃は使用後のお手入れが結構たいへんだよなーと感じていましたが、コツを掴んで慣れてしまうと時間もかからず、それほど負担に思わなくなりました。今では使用後必ずささっと手入れしておきます。我が家は犬・猫のペットもいないしロングヘアーの人間もいないので、パワーブラシの手入れも楽です。細かい部分や手が届かない箇所も、スティックの先に超極細のアクリル繊維製不織布がついた「すきまクロス」という超便利商品(本来はトイレ掃除用/トイレ以外でもレンジフードの掃除やあらゆる場所の隙間の掃除に大活躍)を駆使してきれいにするのが楽しいくらいです。
続きを読む
タグ:便利品
posted by Masako at 15:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | impression | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月06日

ヒマラヤ岩塩

ヒマラヤ岩塩

ネパールで「ヒマラヤ岩塩」を買ってこようと思っていました。紅茶やスパイスの専門店で売っていたけれど、全て500グラム大の塊でした。家に持って帰って砕き、親類やご近所さんにお裾分けすれば良いと考え、きれいなピンク色のを選んで買ってきました。※値段は忘れました(笑)

後の日程で食事をした和食レストランに、お土産に便利な100グラムの袋入りが置いてありました。しかしそれは粉末にしたもので色も白っぽくて、おまけに日本語の商品説明書入りだったので、海外土産らしくないと思い買いませんでした。

※ヒマラヤ岩塩は色が濃いほどミネラル分が多く、黒いものもあり、黒岩塩は硫黄の味がするとのこと。

で、帰国した翌日。まな板の上に載せて金槌で叩いてみたのですが、硬いのなんの、全然割れません。か弱い私の細腕?では歯が立たない。割れないけど表面が細かく砕けて飛び散り、後始末がたいへん。しかもマンション住まいなので、音が響くのも気になるし。日曜日に夫に何とかしてもらおうと考えて諦めました。今度は大きな包装紙か何かを広げた上に載せないと…。

ふと気がついてネットで「ヒマラヤ岩塩 砕き方」で検索したら…
ちゃあんとあるんですね、情報が。

岩塩の砕き方

「布巾に包んで叩く」←迂闊にも気がつきませんでした(笑)

でも、やはりきれいに分割するのは不可能みたいで、叩く→粉々という結果になりそう。ご近所さんが粉々でもいいから頂戴ね、と言ってくれているのが救いですが…。更に彼女曰く
「Mスーパー(近所のスーパーマーケット)でもヒマラヤ岩塩を売ってるね」
ありゃま…。
タグ:food ネット
posted by Masako at 15:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | impression | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。