新着記事
2009年08月21日

木曽福島「福島宿」を歩く

台風で御嶽山登山を諦め旅行を1日短縮しましたが、もともと最終日で木曽福島を観光して帰京する予定でした。同じ沿線には以前から行ってみたい奈良井宿や薮原宿があるのですが、移動手段が公共交通機関なので時間が足りません。東京からでも塩尻で「特急しなの」との乗り換えの便が良いことがわかったので、奈良井宿、さらに馬籠・妻籠へはいつか訪れる機会を作りたいものです。ちなみに塩尻からは中央線の車窓がガラッと変り、島崎藤村の『夜明け前』の書き出し“木曽路はすべて山の中である”を思い出しました。

濁河温泉からのバスが木曽福島駅に着いたのは12時15分。帰京の電車発車時間まで4時間あります。木曽福島駅前に観光協会の案内所兼バス乗車券売り場があり、散策マップを頂き効率よく町内散策するコースを教えてもらいました。

【参考】
文化・歴史の散策コース紹介 - 木曽町観光協会


--- くるまや本店 ---
ちょうどお昼時。先ずは旅行前にネット情報で知った“品切れ次第閉店”という手打ち蕎麦のお店「くるまや本店」へ。

信州木曽路のそば処 手打ちそば くるまや本店

観光案内所では「この付近での美味しいお店」を尋ねるお客さんたちには、「くるまや本店」への場所と道順を教えているようでした。その結果か、お店の前には観光案内所から送り込まれた?人たちも含めた、空席待ちの行列が…。順番取りは相棒に任せて、向かいの店構えも立派な万延元年創業という木曽漆器の老舗にお邪魔。実はくるまや玄関前に順番待ち用の書き込み帳があり名前を書いて待ちますが、気がつくのが遅れて3グループ分くらい飛ばされてしまった模様(笑)

※写真はクリックするとサブウィンドウで拡大表示します。サブウィンドウはドラッグして移動することができます。

くるまや本店
くるまや本店
木曽漆器の老舗
木曽漆器の老舗


それでもお蕎麦屋さんですからお客の開店は早いです。20分ほどで店内に案内されました。テーブル席と座敷席があり、予約客用の別室もあります。

くるまや本店 ざるそば(並)
くるまや本店 ざるそば(並)
せいろを何枚も高く積み上げて運ぶ店員さんのワザに見とれたりしていると、注文した「ざるそば(並)」が運ばれてきました。「並」とは分量のことで、他に「大盛り」があります。腰もありつるりとした喉ごしの、私好みのゆで加減でした。濃厚で香り高いそば湯も美味しく頂きました。
続きを読む


タグ:
posted by Masako at 10:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | 旅・山旅・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年08月17日

濁河温泉 朝日荘

台風で御嶽山登山を諦め戻って来た木曽福島駅から、再びバスに乗り換えて濁河温泉へ。おんたけ交通の木曽福島駅発のバスは、「御岳ロープウェイ行き」「田の原行き」「チャオ御岳・濁河温泉行き」全て同じバス発着場所から同じ時刻に発車します。戸惑っている人もいましたが、こちらは2度目の利用なのでもう慣れたもの…のはずが、チャオ御岳・濁河温泉行きのバスは少し離れた場所で、しかもマイクロバスなので気がつくのが遅れました(笑)

【参考】
おんたけ交通インフォメーション(バス路線図と時刻表)

木曽福島から濁河温泉へのバスは御嶽山の山麓を東から北へと開田高原、日和田高原を走り、雨もあがって快適な路線バスドライブでした。



濁河温泉で泊った旅館は「朝日荘」。温泉マニアによるサイトなどを閲覧した結果、自家源泉を持ち泉質が確かだとされていたからです。飛騨小坂町商工会サイトに「日本秘湯を守る会」の加盟旅館と書かれてあるのですが、手持ちの一番新しい「日本秘湯を守る会」加盟旅館ガイドブックには掲載されておらず、「日本秘湯を守る会」公式サイトにも載っていません(2009年8月現在)。おそらく過去に加盟していて脱退したものと推測。ところがチェックインのときフロントに「日本秘湯を守る会」のガイドブックが。尋ねたところ、今年4月に加盟したばかりとのこと。実は念のためスタンプ帳は持って行っていました(笑)

※写真はクリックするとサブウィンドウで拡大表示します。サブウィンドウはドラッグして移動することができます。

朝日荘玄関
朝日荘玄関
朝日荘玄関前の足湯設備
朝日荘玄関前の足湯設備


廊下などフロアは全て絨毯敷きでスリッパはありません。これは冬場は温泉による床暖房をするからだそうです。お風呂は男女別の内湯それぞれに露天風呂があります。自家源泉の掛け流し。

女性用内湯
女性用内湯
女性用露天風呂
女性用露天風呂


もうひとつ貸し切り風呂があり、夕方から23時までは予約制ですが、深夜から朝の時間帯は空いている場合に自由に内鍵をかけて利用できます。
続きを読む
タグ: 温泉
posted by Masako at 15:56 | Comment(2) | TrackBack(2) | 旅・山旅・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年08月14日

台風9号で御嶽山登山が下見旅行に(泣)

今年の夏山山行に御嶽山を選んだのは、映画『劔岳 点の記』を観て山岳信仰に関心を持ったからでした。少々不謹慎な言い方になりますが、先ずは白装束で登山する「信仰登山」を実際に見てみたいと思いました。山岳信仰登山といえば富士山、白山、立山の「三大霊峰」ですが、実際に今なお信仰登山が盛んなのは、おそらく御嶽山と月山なのではないでしょうか。御嶽山ではいにしえの山岳信仰の「御嶽講」から「御嶽教」という教派神道も発展しているので、今も講を組織しての御嶽登拝が盛んに行われているようです。

御嶽山は深田日本百名山のひとつでもあり、当然信仰に無縁な「スポーツ登山」「レジャー登山」の対象でもあります。標高2000m前後の山腹の登山口までバスやロープウェイで上がれるため、一番短いコースで往復登山をすれば日帰り登山もできます。それにも関わらず山腹や山頂には、信仰登山の人たちのための幾つもの宿泊施設があります。これらの宿坊を兼ねた営業小屋に泊れば余裕がある登山ができます。しかも主コースは比較的危険な箇所がないため、御嶽山は日本アルプスの中でもビギナー登山者向きとも言えます。

とういことは「万年初心者宣言」をしている私にとってもおあつらえ向き。おまけに岐阜側へ下山すればそこは濁河温泉。「登山も温泉も派」にはピッタシのコース!山岳信仰の風習に触れられかつ登りやすい3000m峰、そして独立峰ならではの展望と美しい高山池の眺め。御嶽行きに期待が高まります。8月9日〜12日で旅行し、10日に王滝コースで登って御嶽山頂直下の「御嶽剣ヶ峰山荘」泊、11日に岐阜頂上から濁河温泉へ下山という計画。ところが天気予報では10日は雨。7月下旬に登った仙丈ヶ岳と同じように、またしても雨の中の登山になりそうでがっくり。しかし今回は11日明け方には晴れという予報なので、山頂からの展望はもちろんご来光も見られそう。しかしそうは問屋が卸さず…。

木曽福島駅を発車したバスが御嶽山三合目あたり王滝口を過ぎると、霊場でもある滝や御嶽教教会、新旧の「御嶽講」の石碑が現れて、信仰の山の雰囲気が濃くなります。



田の原から見る御嶽山王滝コースの登山口「田の原」に到着した9日夕方の天気は曇り。途中のバスの車窓からは中央アルプスの高い峰々が雲間から見えていたのですが、田の原から見える御嶽山の上部は分厚い雲の中でした。
続きを読む
タグ: 登山
posted by Masako at 19:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅・山旅・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。