新着記事
2009年06月30日

『劔岳 点の記』映画と原作と地図と(2)

『劔岳 点の記』映画と原作と地図と(1)」の続きです。
※Yahoo! JAPAN Web APIで関連地図を作成しました。別ファイルでアップロードしてあります。以下のリンクは別タブ(or 別ウィンドウ)で開きます。
『劔岳 点の記』関連地図 地図表示ページ

当時の測量という仕事
映画はストーリーを追い映像を堪能するためか、測量隊の「仕事」がよく見えてこなかった。描き切れていなかったとも言える。原作を読むと、当時の彼らの「仕事」が想像を絶するような過酷なものであることがわかる。まず測量のために山に登るといっても、ほとんどは“道なき道”を行くものである。春未だ浅き残雪期から始めたのも、その方がヤブが雪に覆われていて楽だからだ。

三角点を設営する山なり場所に登って、それで「お終い」ではない。同じ山、同じ場所に何度も登らねばならない。原作中に4月山に入る前に柴崎が人夫達に仕事の段取りを説明する場面があり、その科白からわかりやすくまとめると

【第一段階】事前調査:前年度の下見がこれに当る
【第二段階】撰点のための地形偵察
【第三段階】撰点:三角点を置く場所を選ぶ
【第四段階】造標:三角点に「覘標」=観測用の楼(やぐら)を建て、埋石(三角点の標石を埋める)をする
【最終段階】経緯儀を使っての観測

柴崎曰く『以上の五つの段階をひとつひとつ詰めて行き、仕事を終わるのが十月半ば…』。

山案内人が知っている山仕事のための道や猟師道を行くこともあるだろうが、多くは人跡未踏の場所に分け入って観測に適する眺めが得られるポイントを探しながら、登ったり下りたりの日々である。当時の粗末なテントで寝起きし、米飯と山菜や野草の味噌汁、味噌と梅干し、良くて塩サケ程度の食事で。休養と仕事の整理のため、時々基地である立山温泉に戻るが、映画と際だって違うのは、立山温泉での冷遇である。

劔岳登頂成功のあとも、8月・9月と測量隊は淡々黙々と「第四段階」「最終段階」の仕事をこなして、そして立山に初雪が降る直前の10月半ば、ようやく大山村に戻っている。

今日は人工衛星による探査など測量の科学・技術は格段の進歩があるが、彼らの辛苦の末の命がけの仕事で完成した「地図」がその礎になっていることは間違いない。そうやって作られた地図を私たちは日常で当たり前のように利用し、迷わないで登山することができたり、webでのオンライン地図を眺めて楽しんだり更には「表現」として活用することもできるのだ。

映画は時間という制約があり難しいが、もう少し彼らの過酷な仕事、その献身的な働きに踏み込んでいれば、劔岳登頂成功のクライマックスの感動が大きかったかもしれない。


測量隊の劔岳登頂は7月13日か?
続きを読む
タグ:map 映画 登山
posted by Masako at 18:13 | Comment(9) | TrackBack(0) | 映画・演劇・TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月29日

『劔岳 点の記』映画と原作と地図と(1)

『劔岳 点の記』ダウンロード画像先週映画『劔岳 点の記』を観てきた。大御所カメラマンが監督・撮影した、CGや空撮映像も使わず全て「実写」の映像はたいへん素晴らしかった。
←クリックで拡大

しかし内容的には少しもの足りない感じがした。そこで原作『劔岳 点の記』新田次郎 - 剣岳―点の記 (1981年) (文春文庫)←Amazonで見てみる -
を読んだ。映画を一緒に観た夫は以前読んでいて、たまたま本が家にあった。

映画『劔岳 点の記』公式サイト

私自身も登山が趣味だが、たとえ一般ルートであれども劔岳に登れるレベルではない。しかし立山なら登っているので、劔岳や立山の地形や登山ルートについては頭に入っている。しかし原作を読んでいるとけっこう知らない地名が出てくるので、手持ちの登山地図(山と高原地図「剱・立山」昭文社発行)を広げて、柴崎測量隊の足跡を辿りながら読み進めた。すると映画(脚本)と原作との相違点や映画だけからではわからなかったことが見えてきたり、読みながら映画のシーンが浮かんできたりして、映画と原作を併せてのこの作品をより深く味わうことができた。

読了したあと『劔岳 点の記』の関連地図を作成したら面白いだろうと思いついた。明治40年4月から9月に柴崎測量隊が測量のために歩いたルートの一部でも地図に表わしてみようと思ったのだ。Google Maps のマイマップ作成サービスを使えば簡単に地図上にルートを引くことは可能だが、Google Maps は標高などの地形情報が乏しく、国土地理院が提供している電子国土Webシステム「簡単地図作成サイト」の場合は情報を盛り込みにくい。どちらを利用しても“帯に短し襷に長し”で、思い通りの地図が作れない。なのでとりあえず重要な場面をポイントした地図を、Yahoo! JAPAN Web APIで作成してみた。

※作成したYahoo! JAPAN Web APIでの地図は、別ファイルでアップロードしてあります。別タブ(or 別ウィンドウ)で開きます。
『劔岳 点の記』関連地図 地図表示ページ


立山信仰登山 芦峅寺と旧和田村
映画では立山信仰登山の本拠地である芦峅寺と、山案内人長次カの村「大山村和田」の位置関係がよくわからなかったが、地図で見るとよくわかる。
続きを読む
タグ:map 映画 登山
posted by Masako at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画・演劇・TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年06月03日

『こんにちは、母さん』

久々に片時も目が離せないテレビドラマ。番組宣伝を見たときからその豪華キャストに驚き楽しみにしていた。昨日の第二回まで観終っての感想は、これはNHKの「土曜ドラマ史」に残ってもいい作品なのじゃないかということ。

台詞回しや間(ま)に時々舞台のような呼吸を感じるので調べたら案の定。2001年の読売演劇大賞を受賞した作品(作・演出:永井愛)だった。
→「こんにちは、母さん」- NHK土曜ドラマ

元は演劇好きだったのだが最近は演劇へ向けたアンテナも錆びてしまい、錆びたアンテナをついに引っ込めた感もあり、恥ずかしながら「永井愛」を知らなかった。ドラマを観ていると舞台での『こんにちは、母さん』はもちろん、他の永井作品も観てみたくなってきた。

「老い」や「親子関係」や「リストラ問題」というテーマも笑いにくるんでいるので、抱腹絶倒しながら観てしまう。そしてホンモノの役者たちの芝居に引きずり込まれてしまう。NHK土曜ドラマとしては少し異色で、演劇でいうところのウェルメイド・コメディっぽいドラマを狙っているのかな。

で、その豪華俳優陣だが、これがまた私の好きな役者さんたちばかり。加藤治子(好き)、平田満(好き好き)、渡辺えり子(好き!)、段田安則(好き好き)、益岡徹(好き好き)、竹下景子(割と好き)…という具合。あ、“ハッポン”さんこと山谷初男さんも好き。この番組では段田安則の自由闊達・軽妙洒脱な演技が精彩を放ち、一番光っていると思う。

彼らのスゴイ演技を観ているだけでもう幸せ。
posted by Masako at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇・TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする