新着記事
2008年01月30日

杞憂ならよいのですが…子供の写真をブログに載せること

ブログやホームページにご自身の子供さんやお孫さんの写真を掲載している人たちがいます。実は私の知人のなかにもいます。以前から知人の皆さんは子供のプライバシーについてどこまで考えて載せていらっしゃるのかなあという懸念を持っていました。といっても、私の知人の皆さんが、子供さんの表情のアップ写真を載せているわけではありません。ネットにおけるプライバシー保護について、それぞれきちんと考えていらっしゃると思えるので、今まで個人的にメールなどで忠告をすることは失礼だと考え遠慮してきました。

それに正直なところ、もしかして私は心配しすぎ?と思うこともありました。何よりお子さんやお孫さんの成長を心から喜び、それをブログに載せたい気持ちは理解できます。ブログでコメントなどの共感を得る楽しみに水を差すようなこともしたくないし、知人であるがゆえなかなか言い出せないものです。

ちなみに私のなかでの基準は、以下のようなこと。
・顔がわかる写真は、成長が早くて顔がすぐ変わる0歳児まで。
・かわいい盛りの幼児や小学生は、ダウンロードされて性愛対象に利用されたり、加工されて知らないネット上に置かれる可能性が皆無とはいえないと思っておいたほうがいい。それでも掲載したいなら後姿の写真で。
・ネットで公開するという意味とそのデメリットを説明して、大体理解してもらえる年齢なら、未成年でも本人と話し合って了解を取るべき。
・特定されないように背景や記事の中身にも気を配る。

先日知人のお一人が、ブログの大半の記事と写真を削除されました。スパムコメントが来たため、プライバシーやセキュリティに敏感になられたからでした。よいきっかけなので「子供の写真をブログに載せること」についてあらためて調べ、考えてみることにしました。関係がないかもしれないけど、検索エンジン「百度」のインデックスの仕方も気になるし(参考記事→「メタタグでの検索ロボット拒否をしている人は「百度」に要注意」)。

読んでいただきたい記事を紹介します。是非読んでください。

sugar pot 【老婆心シリーズ】子どもの写真をブログに掲載している方へ 〜お節介者より
sugar pot 子どものデータは親のものか?
わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる: ブログの誘拐カタログ化について憂慮する
嶺南中心 外食記録: 危険! 子供の写真をブログに載せるの、ちょっと待った!

皆さん、読んでどう思われましたか?
「私は充分配慮しているから大丈夫」という人もいらっしゃるでしょうが、「身内や友達だけしか見に来ないブログだからそれほど心配していない」と思っている人が多いのでは?

ミクシィのような非公開のSNSでも、決して漏えいの危険がゼロではないことは既に明らかになっています。ましてや公開というかたちでウェブ上に書いたり写真を掲載し、それが検索エンジンに登録される限りは、知らない誰かが見てもいいよ、ということ。子供の写真を見知らぬ誰かにダウンロードされるリスクを承知で載せていること。そのことを肝に銘じている人はどれだけいるのでしょう。子供の写真を載せたい人は、パスワードにより閲覧を認証制にするという選択肢だってあるのです。

子供の写真をブログやホームページに載せている方は、これを機会にあらためて考え、それぞれ「自分の答え」を見つけていただけたらと思います。

拍手してくださるとうれしいです→ 拍手する

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by Masako at 15:02 | Comment(8) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
怪談の類ですが、子供の情報をブログに載せることで起きた悲劇を題材にしたサイトがあります。
http://garbage.web.infoseek.co.jp/pcp/honbun/blog/top_flameset_top.html
もちろん怖い話にしようと誇張している部分はありますが、ブログで子供の情報を取り扱うことは、この程度のリスクがある行動だと僕も思います。
Posted by RM233 at 2008年01月31日 10:18
こんにちは〜。
子供の写真が大きいサイトってありますよね。
悪用されるのは怖い。
嶺南中心の年賀状の話もほんとですか〜?
怖いです。
小さめを心がけてはいるけれど
調子に載って大きく載せないように
気をつけます〜〜。
Posted by いく@しずおか at 2008年01月31日 11:54
RM233さん、コメントをありがとうございます。
ご紹介のサイトは、このページで紹介した「嶺南中心」さんのページから
『"Over The Rainbow" 〜十億アクセスの彼方に〜』としてリンクがありますので、
こちらでリンクしませんでした。
確か「sugar pot」にもリンクがあったと思います。
未来小説のスタイルをとった実験的な試みでしたが、
子供のデータ、人権、心についてとても考えさせられました。
紹介してくださったこと、感謝いたします。
Posted by Masako at 2008年01月31日 12:56
いくちゃん
年賀状の場合も私は知らないけどありうると思っていたほうがよいかも。

いくちゃん場合は斜め後ろ姿とか工夫して載せているので、安心して見ています。

>調子に載って大きく載せないように

うん。調子に乗って(^_-)大きく載せないようにね(^^)
Posted by Masako at 2008年01月31日 13:05
嶺南中心外食記録さんは、ご近所さんなので、毎日のようにチェックしていましたが、
パソコンのコンテンツがあるだなんて知りませんでした。^^;
これが実に初心者向けの言葉で読みやすい。勉強になりました。

私が心配するのは、写真に暈しを入れても、PCの事だから暈しを外せる技術が
あるのではないかということです。
小さい写真でも引き伸ばし且つ解像度を上げることが出来る技術もあったりしてとか。

郵便屋の件はアホかと言いたい。
でも、プライバシーに敏感な方は、剥がして中身を見る年賀状でしたよ。
それにしても、何でもありの世の中になりましたね。
Posted by ももちゃん at 2008年02月01日 07:57
ももちゃん
「嶺南中心外食記録」さんのパソコンのコンテンツというのは
(今拝見しにいったのだけど)
ブログのカスタマイズなんかのハウツーカテゴリーのことですか?
「初心者向けの言葉」でわかりやすい解説というのは、いいですよね。
自分でやってみて、ほんと〜〜うに難しいと思い知りました。
それ、私の目標なんですけどね(^^;

ご指摘の通り、ボカシを消したり解像度を上げるツールはあるだろうなあ。
そこまで気にしていると人物写真はネットで使えなくなってしまうけど。
年賀状にも剥がすタイプがあるというのも知りませんでした。
セキュリティを破るほうも守るほうも進化するから、
どちらの動きにも目を配らないとね。
Posted by Masako at 2008年02月01日 14:15
「子供の写真をネットに載せる」というキーワードでgoogle検索をしてここに来ました。

ごく最近友人がmixiのトップ画像に自分の子供の写真を載せました。
私は他人がそういうことをしているのを見かけながら嫌悪感を抱いていました。
今回自分の友人がそういうことをしていたので何とか注意を促したいと思ったのですが、自分の中でそういうことはよくないというくらいの漠然とした意見しかもっていなかったので、より具体的に説明するために検索することにしました。

大変参考になりました。ありがとうございました。
Posted by 眞 at 2009年06月25日 09:56
眞さま
コメントをありがとうございます。
ご友人にアドバイスするための参考にお調べになった、とのこと。
私の場合と同じですね。
ブログやmixiは誰でも気軽にできますし、ネットでのコミュニケーションは楽しいですが、
こういった基礎知識も必要ですね。
また自分のプライバシーには敏感ですが、子供にもプライバシーがあると言うことも…。
Posted by Masako at 2009年06月25日 18:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック