新着記事
2007年11月22日

お風呂が良かった温泉

温泉ランキング 露天風呂・内湯編
全国各地を旅行している私が今までに宿泊した温泉地・温泉旅館を勝手にランキングします。
今回はお風呂が良かった温泉を。内湯と露天風呂、それぞれのランキングです。ただし源泉かけ流し重視派&登山での利用がほとんどなので、「温泉力が強かった温泉」のランキングと被ります。

【内湯編】
温泉の泉質がいくら良くても、浴室や脱衣所が清潔ではないとがっかりします。また窓からの眺めが旅館の裏庭のゴミ焼却炉(たまにあります)では、極楽気分も損なわれます。たとえ狭くてしかも洗い場がなく不便でも、鄙びた山里の湯小屋で湯治気分を味わうのは最高です。反対に近代的感覚で改装してあっても、自然と調和したお風呂もあります。そういう浴室には、宿の経営者の温泉に対する思い入れも感じます。設備の充実の如何に関わらず、雰囲気が良かった温泉を選びました。

1位 手白沢温泉(奥鬼怒温泉郷・栃木県) 手白沢温泉ヒュッテ
まずシンプルにして洗練されたデザインに驚いた。ここがかつて木造の山小屋であったことが信じられない。それでいて自然と一体化しながら入浴できるのは、露天風呂がある外との仕切りが大きく開閉できて夏場は開放してあるためだ。次に驚くのが洗い場のカランの替わりに、壁から壷のような湯受けに惜しげもなく源泉が落とされていること。温泉入浴での本物の贅沢とはこのことである。
手白沢温泉ヒュッテ

2位 垂玉温泉(熊本県) 山口旅館
山口旅館は館内のお風呂は家族風呂だけで、大浴場は別棟(湯小屋)にある。高い天井に太い梁の総檜造りの男女別浴場は、谷に向かって張り出した舞台のようになっていて開放感抜群。宿の外にある露天風呂とは別に内湯から渡る半露天風呂もあるので、外気に当たることもできる。
《より詳しく》
管理人のホームページ→「山のいで湯〜日本秘湯を守る会スタンプラリー」ページ
このブログでの記事→阿蘇の旅(2)
垂玉温泉 山口旅館

3位 中房温泉(長野県) 中房温泉旅館
なんといっても本館の「不老泉の湯」(混浴・女性専用タイムあり)がすばらしい。内湯といっても一方の壁が開け放たれ、ミニ庭園を眺めながら入浴するようになっているので開放的である。総檜造りだが白木のため雰囲気が重苦しくならず、明るく現代的でさえある。
《より詳しく》
管理人のホームページ→パノラマ銀座縦走・燕岳登山のページ
このブログでの記事→中房温泉と安曇野の旅その2 中房温泉湯巡り
中房温泉旅館

4位 酸ヶ湯温泉(青森県) 酸ヶ湯
約80坪という広い総ヒバ造りの大浴場内に、温度が異なる5つの浴槽がある。混浴だが女性専用時間がある。女性は混浴時間では全ての浴槽に浸かることは難しく、女性用入り口付近で我慢しいてもマナーがよろしくない男性入浴客がいることもあるので、宿泊しての女性専用時間利用をお勧めする。
《より詳しく》
管理人のホームページ→八甲田山登山のページ
酸ヶ湯

露天風呂編は続きで。

【露天風呂編】
街中にあればヨシズの目隠しもやむを得ません。露天風呂のロケーションとしては、やはり山あいの宿のほうが有利。自然の中にあればこその露天風呂だから、お風呂に落ち葉や蛾が浮いているのが当たり前。これで騒ぐようではホンモノの温泉好きとは言えません。ただし夏のブヨ・アブだけは泣きたくなります(笑)

1位 黒川温泉(熊本県) 山みず木
川沿いに混浴の露天風呂1つ、女性専用露天風呂2つがある。上流の女性専用露天風呂がある領域へは男性は進入禁止。女性用露天風呂ふたつは「裸の散歩道」という小道で繋がり、そのつもりになれば裸で行き来できる。山あいの一軒宿なので自然林の景色を丸ごと堪能しながら入浴できる。山の中の露天風呂でも女性用露天風呂となると目隠しで眺めが遮られることが多いのだが、ここほど開放的になれる女性用露天風呂は全国でも数少ないだろう。夜間に入浴のみの利用だったが、渓谷や小さな滝がライトアップされ幻想的だった。
《より詳しく》
このブログでの記事→阿蘇の旅(2)
黒川温泉 山みず木

2位 乳頭温泉郷(秋田県) 孫六温泉
乳頭温泉郷でも観光客は立ち寄らない山奥なので、秘湯の山宿そのものである。湯小屋と複数の露天風呂があり、混浴風呂には女性専用タイムあり。宿泊したのは10年前(1997年)なので「石の湯」の記憶もあまり留めていないのだが、あまりに素朴な宿と温泉の雰囲気に押されて心も素朴になっていたのか、見知らぬ中高年男女グループとバスタオルなしで混浴してしまったくらい(笑)
乳頭温泉郷
参考→孫六温泉 鄙びた風情と燃える紅葉! - All About

3位 祖谷温泉(徳島県) ホテル祖谷温泉
露天風呂へはケーブルカーで祖谷峡に下りていく。断崖絶壁とひすい色の祖谷峡に囲まれ、まるで祖谷峡の谷の中ほどの宙に浮いているかのような気分を味わる。
《より詳しく》
管理人のホームページ→剣山登山のページ
このブログでの記事→四国剣山登山と祖谷の旅・観光編(5)
ホテル祖谷温泉

4位 垂玉温泉(熊本県) 山口旅館
内湯編でも推した山口旅館は、旅館の外にある露天風呂「滝の湯」が目玉。60メートルの岩山から落ちる金龍の滝の滝壺付近にある露天風呂で、滝を見ながらの入浴は野趣に富み最高である。源泉は滝壺の岩の割れ目にあり、お湯には湯の花がたくさん浮かんでいる。藤棚がしつらえてあるので、花の季節も趣があるだろう。入浴だけの利用は受け付けておらず、宿泊客のみ利用できる。混浴だが、女性は部屋に用意された湯浴(ゆあ)み着を着て入ることができる。
《より詳しく》
管理人のホームページ→「山のいで湯〜日本秘湯を守る会スタンプラリー」ページ
このブログでの記事→阿蘇の旅(2)
垂玉温泉 山口旅館

5位 新穂高温泉郷(岐阜県) 槍見館
槍ヶ岳を望む露天風呂が有名。とにかく半露天の湯小屋も含めて7つもある露天風呂巡りが楽しい。
《より詳しく》
管理人のホームページ→西穂丸山登山のページ
このブログでの記事→新穂高温泉 槍見館
新穂高温泉 槍見館

そのほかにも…
四万温泉(群馬県) 四万たむら
森林浴を押し出した半露天風呂という、今では多くの宿が取り入れているスタイルの露天風呂の初体験が、四万温泉四万たむらでの「森のこだま」だった。
四万たむら

葛温泉(長野県) 湯宿かじか
前述の四万温泉「森のこだま」タイプの露天風呂だが、部屋数が少ないこじんまりした宿らしく静かで落ち着いている。木材を活かした内湯も素敵。
《より詳しく》
管理人のホームページ→立山登山のページ

燕温泉(新潟県) 共同浴場「黄金の湯」
燕温泉 黄金の湯
燕温泉 黄金の湯
温泉組合が管理している野天風呂のひとつ「黄金の湯」は妙高山登山道の脇にあり、男性用は道路から丸見え同然だが女性用はヨシズの囲いがある。白濁の硫黄泉でいかにも温泉らしい。もうひとつの「河原の湯」ともに無料というのがうれしい。
《より詳しく》
管理人のホームページ→笹ヶ峰ハイキングと燕温泉
妙高市観光協会

伊豆大滝温泉(静岡県) 天城荘
いろいろなスタイルの露天風呂があり、露天風呂巡りができる。豪快な河津大滝(おおだる)の滝壺傍の露天風呂の眺めが最高。日中は水着着用推奨。
天城荘

作並温泉(宮城県) 鷹泉閣 岩松旅館
広瀬川の河原に作られた「天然岩風呂」はもちろん良いのだが、岩風呂へと下りる階段の情緒がたまらなく良い。
鷹泉閣 岩松旅館

川湯温泉(和歌山県) 仙人風呂
大塔川の河原を掘ると湯が湧き出し、川をせき止めた「仙人風呂」が出現する。正確にはこの「仙人風呂」はシーズン外だったので未体験だが、河原の冨士屋に宿泊したので、宿の人が小型ブルドーザーで掘ってくれた。バス、トラックが頻繁に通る県道沿いの河原なので水着着用で。水着を着ない男性もいて居心地悪かったが、一度は体験してみると面白い。
川湯温泉仙人風呂 - 熊野本宮観光協会

そして最後にやはりここ…
白馬鑓温泉(長野県) 白馬鑓温泉小屋
白馬岳・白馬鑓ヶ岳。混浴の大露天風呂は底に敷いた小砂利からふつふつと湧き出している。女性用露天風呂は近くの岩から湧き出ている源泉を引き、ドバドバっと惜しげもなく落としている。
《より詳しく》
管理人のホームページ→白馬岳登山のページ
白馬鑓温泉小屋

※関連記事
料理がおいしかった温泉旅館
温泉力が強い温泉
タグ:温泉

拍手してくださるとうれしいです→ 拍手する

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by Masako at 15:07 | Comment(3) | TrackBack(0) | 旅・山旅・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
muusの温泉も加えてくれまいか???
masako産もご存知のうめしゃんと小田急バスで金時山登山ついでにいかがですか・・・
息子が畳の部屋のある昔住んで居た家の風呂場を改装したので、寝袋かついでいかがですか、とまりもOKですよ・・・
Posted by muus at 2007年12月11日 13:47
お〜〜!muusさん、お久しぶりです!!
ご無沙汰していて申し訳ありません。
お元気そうですで何よりです。
muusさんのご無事を知ったのとコメントと、二重にうれしいです(^^)

箱根muus温泉(笑)への度重なるお誘い、ありがとうございます。
金時山にも久しぶりに登りたいなあ。
とりあえず、うめちゃんにメールしてみましょう。
たぶん、muusさん、私の変更後のメールアドレスはご存じないのですね(笑)
左側のwebmaster(ウェブマスター)@……を手入力するか
あるいはホームページのメール用画像をポチッとするとメールソフトが起動しますので
できましたらメールをいただけませんでしょうか。
Posted by Masako at 2007年12月11日 22:02
ご利用ありがとうございます。
その後の大滝温泉天城荘をお便りしてます。
またのご来館を心よりお待ちしております。

ブログ『萬葉の温泉天国・天城荘』でもお福分け。
http://plaza.rakuten.co.jp/amagisou88888888/
オフィシャルサイトはこちらです。
http://www.amagisou.jp/index.html

  伊豆 大滝温泉天城荘


Posted by ラピュタの妖精 at 2010年10月08日 17:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック