新着記事
2007年04月19日

Twitterの猫ちゃん

Twitterの猫ちゃんTwitterは最近サーバーエラーが多くてイライラするのですが、500エラーのときのエラー画面の猫ちゃんの姿が可愛いので、少しは許せる気がします。「I'll fix it」修理しますって言ってるのになかなか繋がらないんですけどね(笑)


このようなオリジナルのエラーページは、「.htaccess」というサーバーの動きを決定するファイルをサーバーに置くことでできます。レンタルサーバーでは.htaccessを許可しているところと禁止しているところがあります。私がwebサイトのために借りている「さくらインターネット」と「ロリポップ」のレンタルサーバーは許可しています。

特に最近許可するようになったロリポップでは、あらかじめ.htaccessが設定されているうえ、わかりやすいマニュアルページもあります。

エラーページの変更の仕方

何か良いアイデアが浮かべば、オリジナルエラーページも作ってみたいのですけどね。

拍手してくださるとうれしいです→ 拍手する

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by Masako at 13:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私が見たのは、違う映像だったけど
やっぱり猫ちゃんが、パソコンか何かを
修理している風な画像でした〜。
Posted by いく@しずおか at 2007年04月20日 12:23
今朝は繋がってたけど、11時過ぎにアクセスしたら
この画像じゃないエラー画面でした。
猫ちゃん、ドライバーを持ってたでしょ(^^)
キャプチャを撮りたかったんだけど、歯医者さんへ行く前で時間がなくて残念。
「今サーバーを改善してます。みんなで」みたいなメッセージが下にありました。
確かに復活して軽くなりましたよ。
Posted by Masako at 2007年04月20日 13:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック