新着記事
2007年03月22日

IE7になればRSSリーダー利用者は増える?

ネットのヘビーユーザーではなくブラウザはIE6という圧倒的な普通のネットユーザーでも、ブログをやっていたり頻繁に閲覧していれば「フィード(RSS)」や「RSSリーダー」という言葉くらいは知っていると思います。が、一応知らないという人に簡単に説明してみます。
「フィード」はasahi.comなどのニュースサイトやブログ全般が発信する更新情報で、見出しや記事の一部か概略を伝えるもの。そのフィードを自動収集し、整形して読めるようにするフィード用のブラウザみたいなものが「RSSリーダー」。
間違ってないかな(^^;
念のためこちらもチェックしてください(笑) 検索でヒットした中では、一番易しく解説しています。
ニュースやブログを素早くチェック! 「RSSリーダー」の魅力を知ろう(gooヘルプ)

RSSリーダーには検索エンジンやWebサービスサイトが提供し、登録して使うWebタイプ(livedoor ReaderはてなRSSgoo RSSリーダーとかいろいろ、Yahoo! JAPANでもありますね)や、パソコンにインストールして使うタイプ、メーラータイプなどがあります。そしてFirefox他のブラウザと今度のIE7にはフィードを収集し簡便なRSSリーダーが標準搭載されています。

はてなRSSキャプチャー画像基礎知識はこれくらいにして、とにかくRSSリーダーを見てみましょう。
私が初めて使い始めたRSSリーダーは「はてなRSS」です。直接アクセスしてもらえれば一番いいんだけど、プライベートモードにしてあるので、キャプチャー画像で我慢してください。画像をクリックすると別画面で大きくなります。グループごとにフォルダ分けできるようになっていて、この画面は私自身のサイト(複数)のグループです。左側はシンプル表示での画面。シンプル表示ではタイトルが更新順に並びます。サイト別ではなく、複数のサイト一緒くたです。右側は通常表示での画面。通常表示だと記事の内容も表示されます。

下がその画面です。もちろん画像も表示されます。

はてなRSSキャプチャー画像ご覧のようにRSSリーダーではブログのタイトル画像や壁紙やサイドバー、広告などを一切省いた記事だけが表示されます。「続きを読む」の後半部分は表示されません。そして残念ながらコメント欄も表示されません(ブログサービスのブログでは)。


後半ではブラウザ型RSSリーダーFirefoxとIE7の比較と、IE7のRSSリーダーでRSSリーダーの利用者が増えるかどうかについての考察を述べます。
ブラウザで見ている人は「続きを読む」を、RSSリーダーで読んでいる人は記事タイトルをクリックしてくださいね(笑)


はてなRSSを利用し始めたのは1年半くらい前からですが、ブログをRSSリーダーでガンガン読むようになったかというと、そうはなりませんでした。理由はフィードを登録しすぎて未読記事が増えすぎたこともありますが、結局ログインのひと手間が面倒だったこと。忙しくて毎日チェックするブログを絞ったら、じかに見にいっちゃったほうが早い(笑) しかし更新されていなくて一日何度もアクセスしてもガッカリという場合が続くと、やっぱりフィードでの更新情報はありがたいです。そこでフィードチェック機能があるブラウザLunascapeを入れました。Lunascapeに少し不満があったので、その後Firefoxを入れました。
で、Firefoxの簡易RSSリーダーをお見せします。

FirefoxのRSS機能フィードを購読するように設定するとブックマークに追加され、このように見たいブログのタイトルをマウスオンすると更新情報が出ます。フィードのチェックは一日1回とか○時間ごとというように設定できます。新しい更新が見つかっていると、サイト名が太字になります。

FirefoxのRSSリーダー読みたい記事のタイトルをクリックします。他のRSSリーダーを設定する選択も可能ですが、FirefoxのRSSリーダー「ライブブックマーク」で見るとこんな具合。全文表示している記事でも全文は読めません。


Firefoxのアドオン「セージ」画面そこでFirefoxのアドオン(拡張機能)に「Sage」というRSSリーダーがあるので入れてみました。ちなみにFirefoxは標準のインストールでは余計な機能はなくていたってシンプル。「拡張機能」の中から使いたい機能をダウンロードしてくる仕組みです。で、左画面がSageを使った画面なのですが、やはり全文は読めません。

別に「全文表示」にこだわっていたわけではないのです。ところがサイトのレイアウト確認目的でIE7を入れてみたら、IE7独自のRSSリーダーが全文表示の記事なら全文表示されることに気がついたのです。それでRSSリーダーで見たいときにはIE7を使うようになりました。
ではIE7のRSSリーダーはどのようなものかというと。

IE7のRSS機能IE7ではお気に入りマークの★ボタンをクリックすると「お気に入りセンター」というのが飛び出してきます。「お気に入り」「フィード」「履歴」それぞれをクリックすると表示します。フィードを購読するようにすると「フィード」項目に入ります。新規更新があると太字になり、使い方もFirefoxと同じです。赤枠内の画像はマウスオンした部分のアップです。

さて、ではIE7のRSSリーダーでの画面です。

IE7のRSSリーダーでの画面このようにとても見やすい描画で、取得した記事をカテゴリで分類したりもできます。とにかく全文表示(あくまで「全文表示」させている記事の場合ですが)してくれるというのはありがたい。

複数サイトをサムネイル表示した画面IE7はお気に入りをフォルで分類した場合、そのフォルダをグループとしてみなし、「グループのサイト全部を全て開く」ということもできます。タブブラウザだから画面は複数でもブラウザはひとつです。その複数の画面をひとつの画面とし、個々のサイトをサムネイル表示した画面がこれ。これはRSSリーダーでも可能なので、巡回サイトのRSSリーダーをいっぺんに開くこともできます。ただし全部開くのに結構待たされます(笑)

実はインターネット系ニュースサイトではIE7の評価は分かれていて、RSS機能については中途半端だと辛い点数をつけている記事もあります。IE7のRSSリーダーは複数サイトのフィードを一度に見られるわけではなく、「お気に入り」のRSS版に過ぎないからです。もちろんビジネスマンやヘビーネットユーザーならそうでしょう。しかし私のような(私は少し変わりだねですが)毎日チェックするのはせいぜい幾つかのブログという普通のネットユーザーだとこれで充分。ID登録したりログインしないで更新情報を取得し、記事全文も読めるのですから。馴れてきてもっと高機能のRSSリーダーを使いたくなれば、選択肢は幾つもあるわけです。

最後にたいへん共感できるページを紹介します。ごく一般的なネットユーザーがRSSリーダーを使い始めた記事を探していたら見つけました。

母親がlivedoor Readerを使い始めた(管理人日記) - むぅもぉ.jp

私はこの管理人さんのお母様とほぼ同年齢かもしれません(笑)
この方くらいにネットを使っているレベルなら、たとえ中高年でも必要とあればRSSリーダーの使い方くらいは覚えられ、もはや手放せなくなると思います。IE7のRSSリーダーがたとえ不完全なものであっても、WindowsのライブアップデートでIE7にされてしまえば、必然的にRSSリーダーの便利さに気づくはずです。RSSリーダーの時代はすぐそこですよ。

で、自分がRSSリーダーを使うことでRSSリーダーで全文表示してくれる親切に気がつき、安易に「続きを読む」にしないでくれるといいなあ…と思うのです。誰でもブログの記事は書いたら読んで欲しいですよね。読まれる手段がブラウザであってもRSSリーダーであってもいいわけです。あなたがとにかくアクセスカウンターを回したいとか、なんでもいいからアフィリエイトなどの広告表示を増やして稼ぎたいというさもしい人間でないのなら。
過去記事も読みたくなったりコメント欄も読みたくなったり、コメントしたくなれば、いつでもRSSリーダー画面でのタイトルをクリックして行きますよ〜。

IE7の他の新機能やらここで説明を省いたRSSリーダーの使い方については…
【参考記事】
Internet Explorer 7 の自動更新による配布
Internet Explorer 7入門講座(Impress Watch)
使い勝手を徹底検証! Internet Explorer 7 vs. Firefox 2.0(MYCOMジャーナル)
Internet Explorer 7 ベータ 2 日本語版を使ってみました(Gigazine)

拍手してくださるとうれしいです→ 拍手する

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by Masako at 11:06 | Comment(4) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
RSSリーダー 自分でも使えるのかな、、と
読んでみました。
いかにして、今の状態から楽に使えるようになるのか。そればかり考えました(笑)
ログインとか面倒だな〜。。
Windowsが中心だから、そこらへんも良く読まないと使えないものもありそうですね。
いろいろと自分で思考錯誤しないと
どれがいいのか、解らないんだろうな〜と
言うのが今の所の感想です。
Posted by いく@しずおか at 2007年03月22日 13:49
RSSリーダーの比較サイトで初心者にもわかりやすくまとめているのが見つからなくて。
でも「はてなRSS」にしても使い方は別段難しくないです。
テレビ欄形式の表示にすると更新チェックがメチャクチャ楽で、
複数サイトの新記事の概略を、同時に斜め読みも出来ます。
また「はてなアンテナ」という単なる更新チェックできるサービスもあるので、
記事が読めなくてもいいならそちらも使えます。
WebタイプならOSやブラウザを問わないんじゃないかな。
携帯電話でも読めます。
ログインが面倒ならこの際IE7を入れるかアプリ型でしょうね。
とにかくブックマークしているブログを一個一個開いて、更新を確かめるよりかはゼッタイ楽ですよ。
Posted by Masako at 2007年03月22日 17:30
使ってみなければ理解出来ない部分もありますが、
大雑把に理解致しました。

ネットの海を泳ぎまわるmasakoさんには、必要不可欠なアイテムですよね。
うーん、IE7になれば便利に使っちゃったりしているかも知れないので何とも言えませんが、
一つ一つ丁寧にアクセスし、画面の向こうにある人間臭さや生活感を感じていたい
という思いもあるなぁ。古い?
Posted by ももちゃん at 2007年03月23日 07:50
「古い」とは思いません。
人間としての繋がりがあるブログには、RSSリーダーで読んでもコメントを確かめにお邪魔したりもしていますし、お初のブログにサイトの雰囲気やプロフィールを見にいくこともしますから。
紹介した記事「むぅもぉ.jp」でのお母様もそういう使い方をしているんだと思います。

重要なのは中味を読むか読まないかじゃないでしょうか。

ブログといっても人間臭さや生活感とは関係がない、つまり「日記ブログ」ではないブログや記事もたくさんあります。
もうひとつの需要はそういう情報も読むかどうかでしょうね。
Posted by Masako at 2007年03月23日 13:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック