新着記事
2005年12月24日

後部硝子体剥離

眼科病院に行ってきた(10日前の目の異変が網膜剥離の症状を示したので)。
東京で有名な眼科病院と言ったら○○眼科と名前が挙がる病院の分院が、近所にあるのは幸運だった。受付をして待って、問診を受けて待って、初診時の規定検査(視力・眼圧・眼底)を終えて待って待って…。ようやく診察室で名前を呼ばれた。医師による眼底検査のあと、説明を受ける。最終診断のために瞳孔(瞳)を拡張させる点眼薬を点して眼底検査をすることになり、薬の効果が現れるまでまた30分待った。

診断は網膜に穴が開いている形跡はない、つまり網膜剥離ではなかった。ホッと安心。

ではあの飛蚊症や光のチカチカは何だったのか?
医師の説明と渡されたパンフレットによれば、「後部硝子体剥離」だということである。
社団法人日本眼科医会 「目と健康」から http://www.gankaikai.or.jp/health/15/07_02.html

私の今度の症状程度のことは、60代以上になると半数くらいの人に起こることだそうで、つまり目の老化である。近視が強い場合には40〜50代から起きやすい。症状は一時的に消えるけれど、再び出てきて、結局は消えないとか。しかし老化であるから「どうしようもない」ことなので、あまり神経質にならず諦めるしかないようである。とはいえ剥離の危険性がある場合もあるから、時々は検査を受けたほうが良いらしい。

…「ようである」だの「らしい」と書いたのは、実は担当医師が早口で言語不明瞭な人だったから(笑)説明を聞きながら眼底検査を受けていて、私が「突然(老化が)来るんですね」と言ったとき、「突然来るんです」と返ってきた言葉が、この先生が唯一ハッキリと言った言葉だった(笑)

老眼はジワジワとやってくるので、だんだん諦めがつき「そんなもの」と受け入れてきた。ところがある日突然やってきた後部硝子体剥離という老化現象は、心に受け入れ態勢が整っていなかったのでなんとなく納得がいかない感じ。網膜剥離の不安は解消されたが、飛蚊症と長いお付き合いが始まるかも知れないなんて、これはこれでショックである。

病院を出たら朝とは違って晴れていて、薬で瞳が目いっぱい開いたままなので眩しくて目が開けられない。軽いドライアイとも診断されたので処方箋をもらったが、処方薬局に寄ることもできず、うつむいて手のひらで陽光を遮りながら歩き、街路樹にぶつかりそうになりながらやっとの思いで帰宅した。あぁ…目が普通に見えるって有難いことなんだ!


タグ:健康

拍手してくださるとうれしいです→ 拍手する

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by Masako at 16:41 | Comment(24) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
病院へ行ってきたのですね。
「後部硝子体剥離」?……これって軽症なんですか?
「老化」?
どういう症状なのか、よくわからないのですが、ご本人の書き込みが落ち着いているようなので、なんとなく安心してます。
でも、お大事になさってくださいね。
ディスプレイとのにらめっこも程々が良いかも?
ご自愛ください。
Posted by トラベエ at 2005年12月24日 18:58
ほっとしました。不安な気持ちも体には悪いから・・・

ドライアイの人もまわりに多いです。わたしも、友達が緑内障になったりして、ちょっと定期健診に行ってこようという気持ちになりました。
Posted by ぴとこ at 2005年12月24日 21:28
トラベエさん
ご心配をかけて申し訳ありません。
分かりやすいように書けなくてすみません(^^;
えっと、中高年の飛蚊症の原因として多いのは「後部硝子体剥離」で、これ自体は病気ではなく老化で起きることだそうです。
なので、目を酷使しないようにとかの注意も特に受けず、普通にしていて構わないようです。
といってもパソコンのし過ぎは目に良いわけがないですが。
いや、ディスプレイとのにらめっこは、目が大丈夫でもしばらくは(大晦日までは)減りますのでご安心を(笑)

ぴとこさん
ぴとこさんも近視が強いなら、10年後?に起きてももフシギはないかも。
そのときの予備知識くらいになったら、お騒がせしたことも許されるかな(^^;;
Posted by Masako at 2005年12月24日 22:13
老化といって安心すべきか?今回は安心すべきなんでしょうね…?
腑に落ちない現実ですが受け入れるのかな

実は私も目の事で不安がありますよ、本を読み出すと一気に読んでしまいたい口です。目が疲れてくると隣の行の真中辺りがスモークがかかったような円形の曇が出ます。
最近、単行本は殆ど読まなくなった。
ほん〜とうは、忙しさにかまけているだけなんです(^_^;)

よかった、原因が分って
お大事にね(^^)
Posted by 睦月 at 2005年12月24日 22:33
夕方に、記事だけ読んでレスはできなかったんだけど
「病院に行って良かった、、、」とちょっと安心しました。
ケアは必要だけど、どうしてそうなったかってことが
解ると安心です。


子供のころ、何かぶつけた時に、瞳孔を開いて検査しました。
開いてるとまぶしいのが半端じゃないですよね。
Posted by いく@しずおか at 2005年12月24日 22:35
Masakoちゃ〜ん、網膜剥離でなくて本当に良かったね!

カラッチも最近、ドライアイになっちゃって・・・
涙もでなくなっちゃうし、何となく何時も目が乾いてる感じなの〜
年が明けたら、眼科にいってこようっと!
Posted by カラッチ at 2005年12月24日 22:52
睦月さん、いくちゃん、カラッチ
お見舞いをありがとう!!
あらら、睦月さんは検査をしてきたほうが良いのじゃないかしらん…。
やっぱり飛蚊症の一症状のような気もしますが。
「老化」だとすれば口惜しいものの、安心しますよ。
…ははは、エラそ〜に言ったりして(^^;

いくちゃん
散瞳剤点眼は初めての体験でした。
家に帰って鏡を見たら、瞳の茶色の部分も全部で黒目で
ちょっと気味悪かったです(笑)
薬の作用が消えるまで、家の中でサングラスを掛けてました。

カラッチさん
ドライアイの点眼薬は結局もらって来てません。明日薬局に行かなくちゃ。
ドライアイの人、増えてますね。
パソコンはドライアイの原因でもあり悪化させるのは確かでしょうね。
絶対眼科に行ってきてね〜。
Posted by Masako at 2005年12月24日 23:28

老化現象で済んで、何より(?)でした。
これからは一生お付き合いの病気が、少しずつ増えてくんだろうなぁ、、、もちろんお互いに…。

せっかくだから、かっちゃんの症状を説明しときますね。
目が真っ赤に充血し、痛みで開けていられなくなって眼科に行ったところ、診断はドライアイでした。
どうやら瞼を閉じる回数が、他人より相当少ないらしいです。
おっきくて、じぃ〜〜〜っと見つめる性格だからかな?
良くなることは無く、悪化しないよう数時間毎に点眼をしてます。
山はもちろん、ちょっとのお出掛けにも、点眼薬だけは欠かせません。
薬を貰うため二ヶ月ごとに通院してますが、
今年になって軽度の白内障との診断も出ました。
これは完全に老化現象だそうです。

手軽なケアとしては、
「ためしてガッテン」でもやってたような気がしますが、
熱いお茶やコーヒーを入れたとき、飲む前に、湯気を眼に当ててやるといいそうです。
Posted by ひさご at 2005年12月25日 01:50
MASAKOさん、原因が分かって良かったですね。
皆さんのコメントを読んだりしてると実に参考になりますね、私も最近アラ?っと思う事もありますよ〜人並みなんだなぁ〜と老化も生あるものの宿命ですね、時には腹立たしくもなりますがいとおしみながら仲良くですね(^_-)-☆
Posted by 千春 at 2005年12月25日 15:38
網膜剥離ではなくてなによりでした。原因がわかればなんとなく安心しますものね。とはいえ、ご不便は続くわけですね。あまりこんをつめてパソコンにむかわれませんように。周囲でかぜがはやってきました。ご自愛を。
Posted by ての at 2005年12月25日 19:50
今日は半年に一度きりのデパートショッピングでした(笑)
今日一日全然パソコンをしなかったら、目の調子が全快したみたいです。
なんだかやたらにスッキリ見えます(^^)

ひさごさん
目薬を点すのもたいへんだけど、ドライアイがひどくなると瞳が切れてしまうそうですね。
> おっきくて、じぃ〜〜〜っと見つめる性格だからかな?

そうそう、かっちゃんってそうだよね〜(笑)

千春さん
老化、老化と頻発するのも癪だけど、ダテに長く生きてきたんじゃない、若けりゃイイってもんじゃないよね(笑)
でも来年の抱負は「少しでも老化を食い止めて頑張ろう」に決めました(笑)

てのさん
お気遣いありがとうございます。
ネットの楽しみと利便性を奪われたくはありません。
疲れない程度に少し控えめを心がけようと思います。
てのさんもお風邪などひきませんよう、良い年をお迎えください。
Posted by Masako at 2005年12月25日 22:00
masakoさん、ただいま・・
少しほっとしました
年代も近眼も同じなので、私にも起こりそうです
私も目を使うことが好きですが、
なるべく外に出てパソコンや細かいことから離なれるのはいいですね
山に行きましょう(笑)
Posted by えみ丸 at 2005年12月26日 16:48
えみ丸さん、お帰りなさい。
えみ丸さんは遠くの景色や木々の緑や、海なんかも眺めてきたんだね(^^)
山はやっぱり目にだけでなく、身体に精神にいいよねー。
来年はパソコンは程々にしてもっと山に行かなくちゃ。
Posted by Masako at 2005年12月26日 21:18
はじめまして。

突然で申し訳ないのですが、私の母(57)が同じ症状となり、いいお医者さまを探しております。

一度病院で診てもらっているのですが、
母は「うつ病」にもかかっており、若い医師の診断では信用できないと、毎日眠れぬ日々を過ごしているのです。

あまりにも「いいお医者さまに診てもらわないと…」と思いつめている様子なので、
ネットで検索したところ、Masakoさんのこの日記に出会いました。

文章中にある、
「東京で有名な眼科病院と言ったら○○眼科と名前が挙がる病院」
という病院がなんという病院なのか教えてはいただけませんでしょうか?

突然で申し訳ないのですが、どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by まるこ at 2006年01月30日 18:58
まるこ様

お母様をご心配されるお気持ち、よくわかります。

その病院は井上眼科病院のことです。
ホームページは
http://www.inouye-eye.or.jp/

本当によい病院かどうかはわかりませんが、有名眼科専門病院です。
私はこのとき分院で一度だけ診察を受けただけですので、申し訳ありませんがお勧めできるかどうかの判断はつきません。
理事長先生の予約ができますが、私は予約しなかったので若いドクターの診察でした。

評判がよい病院を調べるには、Yahoo!の「病院情報」→「いい病院ランキング」が参考になると思います。

http://health.yahoo.co.jp/hospital/index.html

お母様が信頼できる医師に出会えて健康を取り戻されるよう、心からお祈りしています。
Posted by Masako at 2006年01月30日 21:07
Masako様

早速のお返事、本当に本当にありがとうございます!!


さっそくいろいろ調べてみます。


本当にありがとうございました。
Posted by まるこ at 2006年01月30日 22:14
こちらも40台半ばでなりました。違和感や若干いたみもかんじます、どうですか。まだ完全にはがれてないようです。なんか不快です。
Posted by ひろ7 at 2007年11月02日 09:12
ひろ7さま
私はあれから2年、飛蚊症もなくなりまして今は全然不自由していません。
とはいえ一過性ではなく、さらに老化しているのでしょうが、
慣れてしまうのかもしれません。
結局目を酷使せず、できるだけ老化を遅らせていくしかないのでしょう。
痛みがあるのでしたらパソコンなどなさらずに(笑)
しばらくはお大事になさってくださいね。
Posted by Masako at 2007年11月02日 17:14
一気になるのですよね。40代後半(男)の私も去年秋に右目、今年元旦に左眼を経験しました(眼科に2度行きました)。そして、半年後の今、なにやら、左が時折霞むのがひどくなり、再度眼科に行くべきか、なんとなく検索していましたら、この記事に出会い、思わず初めて見るサイトなのに書き込んでしまいました。
Posted by ナトゥール at 2008年06月16日 10:26
ナトゥールさま
あれから2年半経過しています。
飛蚊症は出ませんが、最近視野の周囲が霞むような気がしています。
お互い目を酷使せず、養生するよう気をつけましょう!
Posted by Masako at 2008年06月18日 00:13
昨日いきなり光視症と飛蚊症が出てびっくりして今日眼科で検査を受け、後部硝子体剥離と診断され、まぶしい思いで打っています。
60代なら普通の老化現象といわれ、網膜剥離との違いを検索してこのサイトに行き着きました。説明を読みちょっと安心しました。
ともあれ老化現象で一生のつきあいと言われて落ち込みましたが、少し安心しました。
ありがとうございました。
Posted by 老化青年 at 2009年03月24日 16:58
“老化青年”さま
この記事がいくらかでも不安解消のお役に立てたならうれしいです。
幸いその後重大な変化もなく、年に一度の健診(人間ドック)でも再検を言われたことはありません。
お互いに老化と上手に付き合いながら、いつまでも青年で居りましょう!(^^)
Posted by Masako at 2009年03月24日 20:06
4日前にテニスをしていたらいきなり目の中に黒い影が映りビックリして眼科へ行ったら
後部硝子体剥離といわれ「加齢が原因で自然に治りますから全然心配ありません」と言われました。今はまだ黒い糸くずのようなものが目の前に浮いていて気になります。
消えるまでどれくらいかかるのか心配です
Posted by 太田 廣 at 2011年05月24日 12:04
太田さま
コメントをありがとうございます。
もう5年以上も昔の記事なのに、この記事のアクセスが減りません。
それだけ網膜剥離や後部硝子体剥離でお悩みの方が多いのですね。
お医者様に後部硝子体剥離と診断されたのでしたら
それほどご心配なさらずとも大丈夫と思います。
人それぞれでしょうが、私の場合は飛蚊症は検査後数日で消えました。
その後現在に至るまで何も起きていません。
いずれにせよ定期的な眼の検査は心がけたほうが良いと思います。
お大事になさってください。
Posted by Masako at 2011年05月24日 17:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。