新着記事
2005年12月07日

旅ゆけば…トラベル・バトン

私にとって「旅」は計画する楽しみから始まる。国内旅行は時刻表を駆使してマイプランを作ることが、「旅」そのものと同じくらい楽しい。海外旅行では今のところツアーに頼ってきているが、なるべく鉄道に乗るツアーを選ぶ。中国では広州から電車で香港へ、カナダでは大陸横断鉄道VIA RAIL、ヨーロッパアルプスではシャモニーからツェルマットへ移動した登山電車と氷河特急。記念にスイスの時刻表を買ってきたけど、どこへ仕舞ったのか行方不明(^^;

で、トラベル・バトンが回ってきたので書いてみようと思ったのですが、「一番」を選ぶのはやっぱり難しかったのでした。それぞれの項目で「旅行先」を書いても他の人との違いが目立たたず面白くないので、少し故意に別の視点でのチョイスもしてみたりしました。

■今まで一番良かった国内旅行先
風景では知床五湖。建築物では大分竹田の岡城と沖縄の中城城。温泉では…絞れません!

■今まで一番良かった海外旅行先
〔自然〕なんてったってヨーロッパアルプス。マッターホルンの肩にある山小屋ヘルンリ・ヒュッテで迎えた朝は、私にとって人生最高の瞬間だったとも言えます。
〔建築物〕北京の紫禁城と万里の長城、これに尽きます。
北京旅行ではオプションをつけて盧溝橋と中国人民抗日戦争記念館へ行きました(私達夫婦二人だけとガイドさん)。私は若い女性の中国人ガイドさんに、日本人は皆平和を願っていること、多くの国民は戦争中の中国に対しての行為を反省していることを力説し、そのとき日本は非自民連立の細川政権でだったので、これからは日中関係がもっと親密になるだろうと言いました。今ある靖国問題やその問題からこじれている日中関係を思うとき、彼女は今日本をどう思っているのだろうと心配になるのです。

■これから行ってみたい国内旅行先
日本を地方で大別したら、北海道の礼文島から沖縄まで足跡をつけてきました…と言いたいところですが、四国にはまだ足を踏み入れていません。だから行ってみたいのは四国、でもいいのですが…
「旅」は移動と考える私だから、いつの日か「最長片道切符による日本縦断電車での旅」をやってみたい。これが夢。

■これから行ってみたい海外旅行先
ぴとこさんが挙げた「マチュピチュ遺跡」もいいなあ。行ってみたい世界遺産で人気ナンバーワンなのも当然。ニュージーランドやネパールもいつか行くぞ〜。
でもやっぱりシルクロード西域への旅が夢。西安、敦煌、ウルムチ、トルファン。行ったことがある夫も、もう一度行きたいと言ってます。

■今まで行った海外旅行
初めての海外はグアム。そしてサイパン、ハワイ、シンガポール。
結婚してから香港・中国、カナダ、フランス(シャモニーだけ)・イタリア(フランスとの国境付近だけ)・スイス(ツェルマット・ジュネーブ)。

■バトンを回す人
ここで私がアンカーになっても、トラベル・バトンそのものは消滅するわけでもなさそう。なので、スタートから枝分かれしてこの支流では46936人??に渡し継がれてきたバトンは、めでたくこのブログでゴールしました…ということにしておきましょう(笑)
あ、この記事を読んで、トラベル・バトンを書きたくなったらどうぞご自由に。
タグ:

拍手してくださるとうれしいです→ 拍手する

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by Masako at 16:42 | Comment(9) | TrackBack(1) | 旅・山旅・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Masakoさん

楽しく読ませていただきました。

シルクロードもいいね。ニュージーランド・ネパールも、山バージョンの行ってみたいところのトップクラスです。

鉄道の旅、わたしも好きです。イギリスの鉄道も、遅れると不評だけど、わたしはとても楽しかったデス。
Posted by ぴとこ at 2005年12月07日 23:47
ぴとこさん、おはようございます。
鉄道といったらイギリス。乗ってみたいのであります!
それから、オリエンタル急行も。
「大陸横断」の文字にはふらふらっときます(^^)
Posted by Masako at 2005年12月08日 06:25
MASAKOさん、初めてお邪魔します。
ん〜〜才女の香り漂うお部屋ですね(^.^)

最長片道切符の旅いいですね〜!
以前、関口弘の息子さんがやっていましたね。
所々で絵を描きながらでしたけど私は写真の撮り歩きしたいです。。
Posted by 千春 at 2005年12月08日 23:24
千春さん、ようこそ〜。
ん〜〜さいじょぉ?
ザックバランでオッチョコチョイなんですよ〜。イメージの訂正願います(^^;

関口知宏さんの番組、深夜の再放送を見てました。
でも「最長片道切符の旅」を知って憧れたのは、宮脇俊三の著書からです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E8%84%87%E4%BF%8A%E4%B8%89

http://www5a.biglobe.ne.jp/~yamasen/miyawaki.htm

筋金入りで〜す。
夫婦で山を始めたのも、旅行の延長って感じもあるなぁ。
Posted by Masako at 2005年12月08日 23:51
おはようございます。

夢の山岳鉄道・・・いいですね。
読んでみよう。

カニ族なんてあったけど、あれは、鉄道の旅とはまた違うのかしらん。
Posted by ぴとこ at 2005年12月09日 07:21
> 夢の山岳鉄道・・・いいですね。

あ、ホント。実は初期の作品を独身時代に読んだだけ(^^;
私も読んでみよう。

「カニ族」居たねぇ。
あれは今はバックパック族になったんじゃないかな。
ヒッチハイクもするから、鉄道にこだわってるんじゃないと思うけど。
Posted by Masako at 2005年12月09日 17:13
ホント!筋金入りだ(*^^)v

鉄道という響きはなんだかとってもいいですねぇ。。
Posted by 千春 at 2005年12月09日 22:16
海外の旅は、憧れます。
男だったら、きっとどんどんへき地へ旅をするんだろうな。
昔、シルクロードを見て、西域に憧れました。
今も、新シルクロードを見ると、昔とは
また違った目で見ることができます。

どこを旅するにしても、自分で計画をたて
自由きまま、、ってのが一番いいな〜。
Posted by いく@しずおか at 2005年12月11日 18:03
千春さん
「鉄道」という言葉だけで旅情ですよね。

いくちゃん
NHKの「新シルクロード」、さっき完結編放送を観ていました。
西安の発展に驚いて、中国西域の雰囲気が変わらないうち
行った方がいいのかと焦ります。
シルクロードとは関係ないけど、日本は衰退は衰退の一途だなあと
あらためて思ったりして。
Posted by Masako at 2005年12月11日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トラベルバトン
Excerpt: SAYURIさん  からトラベルバトンを受け取りました。歴史や温泉に詳しい若きS
Weblog: 山笑う
Tracked: 2005-12-08 00:09
最近のトラックバック