新着記事
2005年11月30日

『うつくしいのはら』-『営業ものがたり』から-西原理恵子

「営業ものがたり」表紙画像営業ものがたり


「ぼくんち1」表紙画像
ぼくんち―スピリッツとりあたまコミックス (1)


以前「山笑う」のぴとこさんから教えてもらった『ぼくんち』と、最新作『うつくしいのはら』が収録されている『営業ものがたり』をまとめて読んだ。

『ぼくんち』はずいぶん前から書店に行くたびに探していたのだけれど、付近にある3軒の書店にも、外出先で入った書店にも置いていなくて(店員さんに訊けば見つかったかも、だけど)、この際アマゾンで注文しようかなぁと思っていた矢先、ブログ巡回で『うつくしいのはら』の評判を知り、まとめて注文ってことに。

で、『ぼくんち』を読み始めたら、うん、こりゃコミックの書棚には置いていないはずだわ〜と納得(笑)。だから『営業ものがたり』のなかのサイバラのセリフ、 今だに自分の単行本が「に」の棚にある と書店員のセリフ まず平積みと申されましても西原さんの場合どこに置くか、私達も大変にまようところで…文芸でなしサブカルでなしエッセイなのかまんがなのかムックなのか の箇所が可笑しかった。

前置きはさておき、『ぼくんち』は私の想像をあまりにも超えていたので、読み始めてすぐに殴られたような気分になった。若い頃はビックコミックは愛読書であり(当時は劇画が全盛)、ジョージ秋山の『浮浪雲』や滝田ゆうが好きだったし、つげ義春も読んだ。だからコミックの奥深さを知っているつもりだったけど、サイバラの世界にはノックアウトされてしまった。

で、「サイバラ、生涯の最高傑作」と銘打った『うつくしいのはら』である。
先に収めてある『営業ものがたり』が、楽屋ネタ的な箇所にピンと来なくて戸惑ったが、すぐに『うつくしいのはら』に引き込まれていった。西原理恵子を知らなかった私も、NHKの朝ドラ『ファイト』の二行詩は心に沁みた。そしてこの詩的世界の『うつくしいのはら』。西原理恵子の詩人の側面をよく発揮した作品である。

世界はいつまで経っても貧困と戦争の連鎖に終止符を打てない。「いのち」の連鎖を絡めて描いたこの短編の、哀しみに満ちてなんと叙情的なことか。胸が詰まった。

それにしてもこの作品はコミックなのか?…詩なのか?それとも絵本?
文章と、またその中の「詩」の部分とだけで構成された作品だったとしたら、これほど感動しないのかもしれない。絵と文と吹き出しのセリフ、つまりコミックという作品形態だからこその感動だったような気がする。それも端整な絵であってはならない気がする。サイバラの絵だからこそ、あの兵隊の死体の涙が普遍的になる。

『営業ものがたり』の後半に収録されている〔ぼくんち番外編〕『朝日のあたる家(全5編)』も傑作。『ぼくんち』の続編や『毎日かあさん』もいずれそのうち。
タグ:

拍手してくださるとうれしいです→ 拍手する

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by Masako at 13:51 | Comment(8) | TrackBack(0) | 読書・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
楽屋ネタ(手塚文化賞)はどうあれ、ホントにうつくしいのはらは胸が詰まるまさに「詩」ですよね。
Posted by ての at 2005年11月30日 20:36
自己紹介などを拝見しました。人生の先輩でいらっしゃいます。確かに関心事、考え方に似たところが(僭越で恐縮です)ありますね。これからもよろしければご訪問ください。当方もお邪魔させていただきます。
Posted by ての at 2005年11月30日 20:44
てのさん、ようこそ。
人生の先輩だなんて(^^;
サイバラさんの書評、感想を書いているブログはたくさんあるようですが、
年代も近そうですし、ハイキングもお好きなようなので
是非お近づきになりたいと思いまして(^^)
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by Masako at 2005年11月30日 22:28
【ぼくんち】の番外篇や続編があるとはしらなかった・・・

あの作品は心に棘が刺さるような気分になってしんどいけど、続編が読みたくなります。

若いときは、あのような痛さには何も感じなかったけど・・

それにしても、Masakoさんのエネルギーは、すごい。
Posted by ぴとこ at 2005年12月01日 09:04
ぴとこさん
「ぼくんち」やっと読みました。
エグイ、とかおっしゃってたけど、まさかあのような漫画とは(笑)
いや、「純」なストーリーだと思いますよ。
「ぼくんち」はシリーズ1だけを読みました。
カラー製本版は高いから、残りはコミック版にしようかな。
番外編「朝日のあたる家」は、「ぽくんち」でのこういちくんが主役で、
「ぼくんち」濃縮版みたいな感じ。

エネルギー?
う〜ん…ビミョ〜です、それは(^^;
Posted by Masako at 2005年12月01日 11:56
へぇ。。Masakoさんって漫画も読むんだ〜なんて最初思いました。
西原さんは、幅広い才能を持つ人なんですね。

「毎日かあさん」って毎日新聞に連載されてるのですよね?
あれとっても面白いけど、ホロリとして好きでいつも読んでます。
Posted by いく@しずおか at 2005年12月01日 17:24
私と漫画、意外でしょうか(^^;
子供の頃少女漫画を毎週買っている子に借りて読んだら
「こりゃ、私には向かない」と思って以来少女漫画とは無縁ですが(笑)
大人のコミックは記事に書いたように結構読みましたよ。
ブログを通して再びコミックに目覚めたの。
今本屋で平積みしている「きょうの猫村さん」。
その感想記事だって早くも書いてあるっし(笑)
Posted by Masako at 2005年12月01日 19:39
そうそう、「毎日かあさん」は毎日新聞の連載らしいですね。
毎日新聞に購読契約変えようか、なんて(笑)
Posted by Masako at 2005年12月01日 19:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック