新着記事
2005年11月29日

『野望の階段』(イギリスドラマ)

日本のテレビドラマに満足できなくて、「NHK海外テレビドラマ」を中心に海外ドラマを観るほうが多い。今は『ER]』と地上波で再々放送の『宮廷女官チャングムの誓い』だけだが、以前はかなり観ていた。やはりアメリカ制作のドラマの数が圧倒的に多い。『刑事コロンボ』は当然だが、ブルース・ウィリスの出世作として知られる『こちらブルームーン探偵社』、『ビバリーヒルズシリーズ』、『ドクタークイン大西部の女医物語』、『レインモンド・バーの法廷への招待』、単発物でのスティーブン・キングのシリーズ…。NHKではなかったが『ツイン・ピークス』も観ていた。

しかしなんと言ってもイギリスのテレビドラマが好き。イギリスのテレビドラマは脚本、演出、演技に手抜きがなく、観終わった後の充実感が一味違う。「ホームズ」といえばジェレミー・ブレットが演じるホームズしか連想できなくなってしまった『シャーロック・ホームズの冒険』シリーズ。しかしイギリスドラマはホームズやポアロだけではない。

第一容疑者のDVD画像第一容疑者 DVD-BOX2


第一容疑者(PRIME SUSPECT)』。ヘレン・ミレン演じる女性主任警部ジェーン・テニスンが主人公なのだが、彼女は颯爽としたキャリアウーマンではない。女性なるがゆえに上司からも部下からも疎まれている。深く刻まれた目尻のシワに、疲労感を漂わせた表情が印象深い。ストーリーのリアリティもさることながら、彼女の起用、演技で更にリアリティを増幅させている。日本でも中年女性の女性刑事や検事を主役に据えたドラマはあるが、"女優が演じる"刑事にしか見えなかったり、ドラマの娯楽性を強くしたりで真剣に観るには耐えないものばかりである。

過去に観たドラマで私に衝撃を与えた作品がある。それがタイトルにした『野望の階段(House of Cards)』(1991〜1995年)だ。原作はサッチャー政権当時の補佐官マイケル・ドブスのベストセラー小説で、イギリス議会を舞台にした政治ドラマ。野心溢れるある政治家の、不正な手段もいとわない駆け引きと政略の果ての栄華と自滅…といった話である。録画は残してあるが、観たのがずいぶん前なので細かいことは説明できないが、とにかくこんなすご〜いドラマは後にも先にも観たことがない。
データ的なことを知りたくて検索した。数少ない検索結果にあったのがこのサイト。こちらもスゴ〜イ!
B級ドロボー系@映画雑記帳

拍手してくださるとうれしいです→ 拍手する

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by Masako at 10:45 | Comment(8) | TrackBack(1) | 映画・演劇・TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イギリステレビドラマ・・もう大好き!
ジェーン・テニスン・・大好き。颯爽たるヒロインでないところが、たまらんね。

ドクタークインも不思議な魅力でしたよね。

イギリスで大人気シリーズだった【マクベス巡査】スコットランドの田舎町の、なんてことない巡査日誌みたいなものなんだけど、もう、パブに入り浸るどうしようもないおっちゃん達が、いいです。

野望の階段・・これもおどろおどろしいね。このサイト、ゆっくり覗いてみますね。B級映画大好きな娘ごのみかも。
Posted by ぴとこ at 2005年11月29日 14:43
ぴとこさん
最近のドラマはあまり観ていなくて昔(10年前くらい)の話題で恐縮(^^;
でも「野望の階段」もご存知だったのね(^^)
「マクベス巡査」は知りませんでした。観たいなぁ。

「B級ドロボー系@映画雑記帳」のメニューを観ましたが、
結構古い映画がリストアップされています。
「B級」映画らしきものばかりではない気がしましたが。
Posted by Masako at 2005年11月29日 15:33
ドラマやドキュメンタリーの質の高さでは、BBCとNHKが双璧だと思う。
特に「プリズナー6」は衝撃で、SFに目覚めるきっかけになったなぁ。
30年以上も前の話だけど…(笑)
「2001年宇宙の旅」も、ちょうどその頃だよね。
Posted by ひさご at 2005年11月29日 22:56
「プリズナー6」は知らないなぁ。
私がSFに目覚めた?ドラマは…
「トワイライトゾーン」と「アウターリミッツ」…超むかし(^^;
あれはホラーかな?
子供の頃、怖いくせにクライマックスは指の間から恐る恐る見てました。
Posted by Masako at 2005年11月29日 23:11
「プリズナー6」はこんな話。
http://homepage1.nifty.com/taka35/theprisoner.htm

根強いファンの後押しでDVDが出ましたが、近々リメイクされると言う話もあります。
Posted by ひさご at 2005年11月29日 23:27
なかなか込み入ったプロットで一筋縄でいかなそうな作品。
「哲学な匂いに謎を呼ぶ行間」だって。
興味津々。映画化されたら観にいこうかな。
DVDは高くて。あ、レンタルがあるか。
Posted by Masako at 2005年11月29日 23:49
スカパー!のミステリチャンネルで、マクベス巡査も野望の階段も第一容疑者も見ましたよ。というか、私がテレビを見ている時って、8割以上ミステリチャンネルです。。。 野望の階段はDVDを買っちゃいました。モースとかタガート、フロスト警部も好きですけどね。
Posted by まーち at 2007年06月28日 00:45
まーちさん、コメントどーも(^^)
スカパーとか契約してないのです。
見だしたらほかの事をする時間がなくなってしまいそうで(笑)
「野望の階段」のDVDを買っちゃいましたか(^^)
私ももう一度見たくなってきました。
録画したVTRを探してみようかな…もうボロボロだったりして(^^;
Posted by Masako at 2007年06月28日 12:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26139475
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

『ハウス・オブ・カード 野望の階段』(2013)[米] & 『野望の階段(I〜III)』(1990)[英]
Excerpt: "「一作一本」の基本に戻"ると言ったばかりですが、まあこれはいいでしょう。(笑) 先頃ネットフリックス製作・配信による、アメリカのリメイク版(シーズン1)がフジテレビ深夜で連続放送されま..
Weblog: 死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)
Tracked: 2016-10-05 20:10
最近のトラックバック