新着記事
2010年05月06日

佐渡島 花の山旅

佐渡島大佐渡山系は山野草の花好きにはたまらない花の宝庫。特に今年の春の佐渡島フラワートレッキングは最高です。

今年の春はいつまでも寒く、従って山間部の残雪が例年になく多いようです。ということは佐渡島ならゴールデンウィークでも初春の花も未だ見られそう。そんな狙いで今月2〜4日で、佐渡島にフラワートレッキングに行ってきました。実は2002年に初めてドンデン山からアオネバ渓谷を歩きました。その年は平年より早くアオネバ渓谷のシラネアオイが早めに見頃になっていて、興奮しながら歩きました。しかし当然オオミスミソウはすっかり咲き終わり、カタクリも盛りを過ぎていました。オオミスミソウの宝庫といわれる角田山(新潟)でもベストな咲き時期にぴったり合わなかったこともあり、“雪割草”(オオミスミソウ)を見たい気持ちは募るばかり…。今年こそ雪割草リベンジするぞー。

狙いは的中。ワタシはエライ(笑)
思っていた以上に多い残雪で計画通りには歩けなかったりもしましたが、「花見ハイキング」としては大いに堪能しました。サイトでのレポート作成に先駆けて、こちらで簡単な紹介をしておきます。

東京から佐渡島へは新幹線で新潟へ。そして連絡船をフェリーではなくちょいと奮発してジェットフォイルにすると、朝早く家を出れば午前11時過ぎには両津港に到着してしまうというアクセスの良さなのです。で、タクシーでドンデン山荘に向かい、第1日目は尻立山経由でアオネバ渓谷を歩きました。

※青枠がある写真は画像をクリックすると同じ画面上で拡大します。拡大画像をスライドショーのように連続して見ることもできます。

登山口からは残雪の上を歩きますが、日当たりがよい尻立山には雪はもうありませんでした。

ドンデン山荘登山口尻立山から金北山

エゾエンゴサク山頂付近でカタクリの花が見受けられるようになり、ドンデン高原の牧草地にはアマナが咲き乱れています。
ドンデン池の周囲の残雪はたっぷり。8年前は池の周囲の灌木の下はカタクリとザゼンソウの花園でしたが、今回は花も草もまだ残雪に埋もれていました。
金北山縦走路へと向かう途中の湿地帯は花いっぱい。ザゼンソウ、カタクリ、ミヤマキケマン、エゾエンゴサク、エチゴキジムシロ、キクザキイチゲと色とりどりでした。しかしまだお目当てのオオミスミソウに会えません。

カタクリ群生雪に埋もれた山腹のコースを踏み跡を辿りながら進むと、日当たりがよい斜面が「花園」状態でした。近づくとカタクリがいっぱい。そして恋い焦がれていたオオミスミソウも。

オオミスミソウ「アオネバ十字路」に来ると天敵ブヨが…。今年は平年より少ないみたいです。でもアレルギー持ちで刺されると腫れてしまうので、防虫ネットを被って歩くことにしました。残雪が消えるとカタクリやキクザキイチゲに混じってオオミスミソウが現れました。しばらくはオオミスミソウの花の道です。でも、う〜んやはりアオネバはブヨが多い…。

シラネアオイシラネアオイはアオネバ登山道の「ユブ」辺りから。しかしまだほとんどが蕾で、株自体も前回より小振りでした。ユブから先はニリンソウが主役です。前回咲いていたオオイワカガミはまだ咲いていませんでした。


2日目の当初の計画では、アオネバ登山道より花が多いと聞く「白瀬登山道」を金剛山の山頂までではなく途中までのピストンで歩こうと考えていました。しかしブヨが多いのではという不安から、ドンデン山荘から金剛山への稜線歩き(途中までの)に変更。ところが稜線に上がる前辺りからは登山道は完璧に雪の下でした。迷うので結局引き返すしかありませんでした。

ドンデン山荘の支配人さんから「白瀬登山道」は花盛りであると聞きました。行くしかない! で最終日は帰路のジェットフォイル出航時間までの午前中、「白瀬登山道」を歩くことにしました。

シラネアオイ時間を気にして早めに引き返したのが惜しいけれども、「白瀬登山道」は素晴らしいフラワーロードでした。そして引き返し地点の「トビガ沢」まで芽吹き始めた林間をゆく気持ちが良い道で、歩いている間始終頬がゆるみっぱなしでした。

それにしてもオオイワカガミが、標高300mほどのところで低山の常緑樹であるアオキの根元などに、スミレやネコノメソウなどと一緒に咲き乱れているのには驚きました。

オオイワカガミオオイワカガミ


佐渡島フラワートレッキング 2010/05/02-04

ウェブアルバムに主に花の写真をUPしました。


今年の大佐渡山系はシラネアオイは咲き始めたばかりでこれから本番です。

※詳しい山行記録もあります。
佐渡島フラワートレッキング(1) - 〔Let's take our time! ふたりで山歩き〕

拍手してくださるとうれしいです→ 拍手する

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by Masako at 18:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅・山旅・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あなたはエライ!♪(笑)
狙い的中という事は、計画の良さにエライ!♪です。机上登山がバッチリですね♪
勘の良さにもエライ♪
どの写真も綺麗ですね〜。花への愛情が溢れています。

実は私もこの連休に佐渡へ行く計画を立てました。
でも家の旦那様「佐渡はいい!」「佐渡は行かなくていい!」の一点張りです。
何故?と聞くと「佐渡はいい!」といいます。
私がミスミソウは咲くし、カタクリだってさくよ。シラネアオイだってね咲くんだよ〜。
というと、「シラネアオイは八間山や日光白根山で見ているだろう。」ってね。
群馬に近い所は、もう少し年を重ねても行けるチャンスがあるので、その時を待ちます(^^)

それでは、蒜山と思ったのですが、どうしても予定している日数が足らずで今回は止めて、奈良にしました。花は一輪も見ませんでした。…残念!

記録楽しみにしています。
Posted by 睦月 at 2010年05月13日 20:46
せっかくの大型連休なので、計画は迷うのですよねえ。
実は伯耆大山も考えたのですよー。
睦月さんに先を越されて以来、チャンスを窺ってはいたのですが(笑)
今回は「ミスミソウ」見たい一心でした。

それと今までゴールデンウィークでの計画で何度も
「大台ヶ原」も計画しているんです(笑)
また先を越された…(笑)
もちろん「蒜山」も机上登山計画したことがあります。
蒜山三山を縦走or全部登るとなると、結構日数が必要なんですよねえ。

佐渡のシラネアオイは群生が半端じゃないので
チャンスが来たらぜひぜひ行ってね〜。
Posted by Masako at 2010年05月14日 00:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック