新着記事
2008年12月27日

ネパールの旅(10) - カトマンズ点描

私は今までフランス・シャモニーとスイス・ツェルマット、そしてカナディアンロッキーでのトレッキングツアーに行っている。いずれもトレッキングエリアだけの訪問か、帰国前宿泊地の都市を少々観光するくらいなもので(ジュネーブなど)、都市部に何泊もすることはなかった。今回は旅行日程でもカトマンズに3泊だったのが、バンコク国際空港封鎖のためネパール滞在が延び、カトマンズには都合5泊した。ほとんど団体行動だったのでじっくり歩いたとはいえないが、それでも「外国の街歩き」の面白さを多少味わうことができた。

街を歩けば、そこに住む人々の暮らしも少しは見えてくる。自然だけではなく人々の営みにも関心を持っているから、見る物聞く物全て面白くて仕方がない。当然写真を撮りたくなる。ところがこれが難しかった。ひとつには通りすがりの旅人として、被写体として気楽に人々にカメラを向けることに躊躇があり、吹っ切れなかったこと。面白い写真が撮れたら、webで公開したくなるので尚更悩みは深い。もうひとつは団体行動中ははぐれないよう付いて行くのに精一杯で、立ち止まって撮影する余裕がなかったことだ。

そこで開き直った。カメラをいちいち構えず液晶画面もろくに見ず、歩きながらバシバシ撮ってしまうことにした。あまり深く考えずに、面白いと思ったらパチリ。デジカメだからこそ可能なこと。
で、このページの写真のなかには、手振れ、ピンぼけで「削除」ギリギリの写真も含まれているが、悪しからず(笑)

〔左〕人、荷物を額で支えて担ぎ歩く人、自転車、自転車のバナナ売り(よく見かける)、バイク、家族4人で乗っているバイク、車、ときに荷物を運ぶ牛。通りは皆入り乱れて通行しているので、歩道がない通りはもうしっちゃかめっちゃか。
〔右〕町の所々にある共同水場。首都は一応上下水道は整備されてると思うのだけど、昔からの水場を利用する人も多いようだ。カスタマンダップ寺院近くの水場なので、昔は巡礼たちの沐浴所でもあったかも。それにしても…。ゴミはなんとかなりませんかねえ。

街角風景
街角風景
共同水場
共同水場



--- アサン インドラ・チョーク ---
アサン、インドラ・チョークは地元の人々が集まる買い物スポット。小さなお店が軒を連ねている。
ダルバールスクエア観光後、途中で車を降りタメル地区を目指して歩いた。なんだかやたらにごちゃごちゃした路地を、人とぶつかりながら歩いた。そこがどうやらアサン、インドラ・チョークの一角だったらしい。

〔左〕カーペット、ストール、毛糸手編み帽子、Tシャツ、フリース、真鍮食器、登山用ザック、ポシェット…。なんでもかんでも揃えてぶら下げてみました…という感じの店。「ぶら下げる」のは商店の基本のようで、女性用民族衣装店などは軒上の2階部分にズラッとぶら下がっているので壮観。「乾期」だから雨を心配しないのかな?
〔右〕カトマンズでもサリーや「クルタスルワール」を着ている女性の方が圧倒的多数。従ってお店も目に付く。店頭にぶら下げてあるのも、マネキンが着ているのも、商品の多くはスパンコールやビーズがキラキラしたものばかり。店内にいるお客さんはどう見ても地元の女性なのだけど…というお店でも然り。かといって、女性たちが皆キラキラの民族衣装を着ているわけではない。ちなみに長いスカーフをひらめかせるクルタスルワールは素敵。キラキラではない落ち着いた色・柄のクルタスルワールを見かけると、かなり本気で欲しくなった。レギュラーサイズ体型なら買ってきたのに!(^^;
《解説》クルタスルワール:「パンジャビドレス(インド・パンジャビ地方の民族衣装)」だと思っていたが、帰国して調べてネパールではクルタスルワールと呼ぶことを知った。脇スリットがあるワンピース丈のブラウスとパンツと長いショールの3点セット。ブラウスが「クルタ」、パンツが「スルワール」。

“なんでも有り”の店
“なんでも有り”の店
サリーを売る店
サリーを売る店


〔左〕真鍮製品を売る店。ネパール伝統料理レストランでもチベット料理レストランでも、真鍮の食器が使われていた。
〔右〕スパイスと岩塩の露天売り。左下黒い岩塩はミネラル分たっぷりで、しかも硫黄の味がするらしい。ちなみに私がお土産用に買ったのはツーリスト用のお店なので、個包装されていた。露天で買うと安いのだろうなあ(笑)

真鍮製品を売る店
真鍮製品を売る店
スパイスと岩塩の露天売り
スパイスと岩塩の露天売り



〔左〕交通ルール無視の大通りには、大きな交差点に日本の援助で信号機が設置されている。ここには歩道橋も。命がけでの道路横断よりはマシ(笑)
〔右〕昼食に寄ったレストランのショーウィンドウにはケーキ。ちょっと懐かしいバタークリームケーキみたいな感じ。外国人ツーリスト用ホテルがある付近だと、ベーカリーにケーキが置いてあることも。レストランのピザとパスタは思ったより美味しかった。

交差点の歩道橋
交差点の歩道橋
ケーキ”
ケーキ



〔左〕野菜売り。アサン付近にて。
〔右〕果物売り。パタンにて。
八百屋さんも見かけたが、野菜・果物ほとんどは露天売り。他によく見るのが、炒り豆売りの露天商。

野菜売り
野菜売り
果物売り
果物売り



--- パタン(Patan) ---
《パタン》:ネパールの古都。正式の都市名をラリトプルという。ネパールの主要都市のひとつ。 カトマンズ盆地南西部に位置し、準大都市自治体。豊かな文化遺産に恵まれる。 〜Wikipediaより
古都パタンには彫刻・工芸・絵画の伝統を活かした、仏画やハンドクラフトのお店が多い。

宿泊したホテル、ホテル・ヒマラヤがパタン地区にあったので、パタンの寺院群も見たかったがチャンスを逸した。代わりに朝ひとりで散歩してみた。
〔左〕バグマティ川がカトマンズ市との境界なので、北はバグマティ川まで歩いた。ゴミが浮いた濁った川は悪臭さえ漂う。岸辺には小屋が建ちスラム化している。マオイストによる内戦から逃れてきたり、仕事を求めて山岳地帯から人が流入している。
この川もツアー専属ガイドさんの話では、彼が子供の頃(20年くらい前?)には澄んだ水で泳いだり魚を捕ったりしたそうだ。
〔右〕今度は南にパタン旧王宮広場への道を下る。パタンゲートを潜り少し歩いたところまで。パタンにも町の辻辻に小さなお寺があり、地元の人が朝のお参りに来ていた。

バグマティ川と岸辺のスラム
バグマティ川と岸辺のスラム
パタン地区 街角の小さな寺院
パタン地区 街角の小さな寺院



--- ちょっと面白かったもの ---
〔左〕郵便ポストはお寺のイメージ? 一目瞭然の歯科医院の看板。映画のポスター?『チャーリーズ・エンジェル』のネパール版?(笑)
〔右〕ネパールは飼い犬・野良犬共にやたら犬が多い。猫は一匹も見かけなかった。肉屋の前では店主が鶏をさばくのを見上げ、行儀良くお座りで待機。おそらく必ずおこぼれを貰えるのだろう。
ネパールの犬は昼寝してばかり!しかも人に踏みつけられそうな道路や歩道の真ん中で堂々と、腹這いにもならずこんな格好であちこちでベタッと寝ている。歩いている野良犬も人に吠えかかることもなく、実に温和しい。ところが夜になると活発に行動しているらしい。狂犬病の危険もあるので、夜間の外出は避けた方が良いそうだ。

ちょっと面白かったもの
ちょっと面白かったもの
昼寝中の犬
昼寝中の犬



※ホームページのネパールトの旅とレッキング - 〔Let's take our time! ふたりで山歩き〕もどうぞ。


タグ: ネパール

拍手してくださるとうれしいです→ 拍手する

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by Masako at 23:50 | Comment(5) | TrackBack(0) | 旅・山旅・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一番面白い記事でした。
人間臭くて、カオスで、ええなぁーネパール。
生きるってこんなもんなんでしょうね。
日本の昭和初期みたいな町に、ネットカフェとか混在している所が面白いです。

あれから、懸命にパソコンメンテをしましたぞよ。
Posted by ももちゃん at 2008年12月28日 09:19
ネパールは面白そうでしょう(^^)
何でも受け入れて差別しないという感じが気に入りました。
ヒマラヤの大きさとネパールの懐の深さに触れてきて
ちいさな事でクヨクヨしたり、大した事ないことでプライド張ったり
自分の常識を押し通し相手を拒絶したり…
の自分が小さく見えてきましたよ(^^;

Posted by Masako at 2008年12月28日 16:42
おっと、追加。
パソコンのメンテ、お疲れさま(笑)
写真をパソコンからCD-RWかお勧めのポータブルHDDに移してしまうだけでも、もっと軽くなると思うよ。
Posted by Masako at 2008年12月28日 16:46
こんばんは〜。いっぱいアップされてる〜o(*^ー ^*)oにこっ♪
こういう日常とか、汚い部分とかって
人間見たくなるもので、、、

綺麗綺麗な観光地もいいけれど、伝わる物もあり。

真鍮のお店、すごく惹かれます。


Posted by いく@しずおか at 2008年12月30日 17:19
いくちゃん
ネパールは観光地も町も汚いよ。
道はゴミだらけだし、犬のうんちを踏みそうになるよ(笑)
トイレも場所によっては覚悟がいるし。
それでも私は好きになれたのは、ぎすぎすしていないおおらかさかな。

私も真鍮製品のお店のような、地元向けお店にも入ってみたかったです。
Posted by Masako at 2008年12月30日 21:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。