新着記事
2008年08月03日

双六岳・三俣蓮華岳(2008年7月30日)

7月28日から31日にかけて、双六岳と三俣蓮華岳に登って来ました。正確には27日に登山口がある新穂高温泉に入り宿泊し、下山して再び新穂高温泉で泊まって帰って来たので、麓に2泊、山中に3泊の5泊6日の山旅でした。



鏡平山荘1泊、双六小屋2泊と山小屋に3泊もしたのに、三俣蓮華岳へ往復しただけです。ちょうど夏山シーズンの最盛期で、山小屋はとても混雑していました。その大勢の登山者たちのなかでも、このような「のんびり登山」をしたのは、おそらく私たちだけかもしれません。

登山道や山小屋で、「どこから来ましたか?」「どちらへ?」と尋ねるのは、見知らぬ同士のご挨拶代わりのようなものです。この場合は当然「東京から来ました」とか「遠く九州から…」という意味ではなく、「どこから入山したのか?」「どの山に向かうのか?」という意味です。で、ご多分に漏れず私たちも散々尋ねられたのですが、行程を説明すると決まって「ちょっと信じられない」という顔をされます。双六岳・三俣蓮華岳は、一般的には雲ノ平とその周辺の“百名山”の山々や槍ヶ岳、笠ヶ岳へのコースの通過点に過ぎないからです。

※青枠がある写真はクリックするとサブウィンドウで拡大表示。サブウィンドウはドラッグして移動することができます。

稜線漫歩(三俣蓮華岳へ)
稜線漫歩(三俣蓮華岳へ)
体力・脚力に自信がないゆえの行程であるにしても、連泊にしたのはこの周辺のお花畑と展望を心ゆくまで堪能したいからでした。双六小屋に着いた日は天気がイマイチで、双六岳山頂部はガスに包まれていました。いったん登りかけたのですが、翌日の天気に期待してすぐにやめ、お花畑を眺めながらの「中道」散歩に切り替えました。翌日30日は素晴らしい快晴。おかげで天気が良い日の雲がない朝のうちに、展望を楽しむ稜線漫歩ができました。

縦走の楽しさも知っています。雲ノ平にも行ってみたいです。しかし昔と違って今の私は、たくさんの山に登ることや頂を踏んだ達成感よりは、最高の時期の最高の天気のときの山の風景を心に焼き付け、花々を愛で、雄大な自然のなかにいる喜びを感じることに意味を感じています。

県境標識
県境標識
夫婦での登山を始めた成り行きが「歩く旅」の延長線上であったためか、登山がスポーツであるという感覚を持ち合わせていません。三俣蓮華岳山頂の少し手前に長野県、岐阜県、富山県の三県の「県境標識」が建っています。「三俣蓮華岳山頂」の山頂標識より、この県境標識に感動を覚えしまうのは、私が登山者である前に「旅人」だからなのかもしれません。

※詳しい山行記録はホームページでご覧ください。
双六岳・三俣蓮華岳(2008年7月28日〜31日山行)
今回はまず「Picasa ウェブ アルバム」にオンラインアルバムを作成しました。よろしかったらご覧ください。…相変わらず写真撮影は下手くそですが(^^;
アルバムの表紙画像をクリック、またはその下のリンクをクリックすると開きます。スライドショーでどうぞ。
双六岳・三俣蓮華岳(2008.07.28-31)

Picasa ウェブ アルバム - Masako » 双六岳・三俣蓮華岳(2008.07.28-31)
タグ:登山

拍手してくださるとうれしいです→ 拍手する

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by Masako at 18:30 | Comment(6) | TrackBack(0) | 旅・山旅・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「Picasa ウェブ アルバム」を拝見させてもらいました。
素晴らしい写真の数々ですね〜!♪
しっかりカメラも自分のものとして使いこなしているじゃないでか(^^) 綺麗♪綺麗♪です。

雷鳥のヒナってカメラを向けても逃げないの?
ほのぼのする写真です。

双六の山頂から槍の穂先がせせり立つ臨場感には溜め息です。

私のHPも少し技術的な進歩をしないと駄目だな〜と、反省です。

記録の完成を楽しみにしています(^^)
Posted by 睦月 at 2008年08月04日 22:58
睦月さん
いやぁ、撮影センスがなくって…(^^;
新しいデジカメは操作がしやすいのですが、
なにせ歩くので精一杯なので絞りを変えたりするヒマはありませんでした。

雷鳥は斜面の下の10メートルくらい先にいまして
あの写真は実は望遠で撮影しました。
光学ズーム18倍の威力を発揮できました(笑)
でも見つけた登山者たちが大きな声で「あっちへ行った」だの騒いでも
(私は必死に「シーッ、お静かに」と頼んだけど)
逃げずに悠々遊んでいましたよ。
登山者は害を及ぼさないと知っているのかな。

サイト作成の方は、技術というより…
実はレンタル契約のサーバー容量が残りわずかになってきていて(笑)
それでこれからもオンラインアルバムを活用しようと思います。
睦月さんのHPも、目覚ましい進歩をしていると思います。
山行記録はいつものごとくムダに時間が掛かります(笑)
気長に待っていてくださいね
Posted by Masako at 2008年08月05日 00:00
Masakoさん こんばんは〜
いい写真がありそう、、
アルバム楽しみに拝見したいと思います〜^^
三俣蓮華、、3県の県境だとか
そういうの私も好きです。
Posted by いく@しずおか at 2008年08月05日 17:50
いくちゃん
県境標識の傍に立つと頭の中に地図が浮かんで
妙にワクワクしてしまいます(笑)
いくちゃんもそうなのですね。
地図好き・時刻表好きの旅好きに共通なのかも知れないね(^^)

レポでは面白い話もあるんですが、遅筆なもんで…
写真を眺めていてください(笑)
Posted by Masako at 2008年08月05日 21:06
夏山いいなぁ
10年ぶりに山へ行かない夏をすごしております。(信州には別件で行きますが)
鏡平・双六…いいなぁ
娘は受験に向けて勝負の夏(ほとんど確定)
ラグビー部に入った息子は昨日まで菅平高原で夏合宿
これからはこんな夏が続くのかな?
あぁ、夏山いいなぁ
Posted by FieldTourer at 2008年08月11日 08:18
FieldTourerさん、こんにちは。
あれれ、今年はプロジェクトはないのですかあ。
う〜ん、お子さんたちも巣立ちの時期ですね。ファミハイ卒業かな。
あ、お嬢さんの「確定」、おめでとうございます。
息子さんはラグビーですか…RIKIさんがヨロコビそう(笑)

>夏山いいなぁ

えへへ、羨ましがらせてスイマセン(笑)
ほら、FieldTourerさんちにもそろそろ「夫婦で山歩き」の時期がやってきそうですね(^^)
それとも「親父の暴走」かな(笑)

たった今、山行記録ができました。
http://www.our-hiking.com/mt.sugoroku_mitumatarenge1.html
淋しいお盆休みでしたらご覧になって、「夏山いいなぁ…よし来年こそは」と
心機一転の志を立てるきっかけにでもしてくださいね(笑)
Posted by Masako at 2008年08月11日 14:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック