新着記事
2010年05月23日

掃除機の話

ネットで交流している tukasa さんから「お掃除ロボットルンバを買いたいと思っているのですが、どう?」とTwitter経由でお訊ねがありました。2007年7月にルンバを購入し、このブログで「お掃除ロボット ルンバの使用感」という記事を書いたからです。ルンバを3年使ってみてあれこれ思うことは個人的にお伝えするだけではもったいない気がするので、tukasa さんの了解も得て“公開”で書くことにしました。ただ、思いつくまま、ですからだらだら長いです(笑)

これを機会にルンバについてネットで検索してみると、『ルンバは故障が多い。こんなの買っちゃダメです』と書かれたページがありました。
ルンバトラブル

私が買ったルンバは幸いにして、今まで故障といえるような故障はまだありません。「バッテリーの寿命が近づくと動作がおかしくなることもある」以外はトラブルはなく、今でも便利に使っています。

《3年の間にこんなことを思いました》
iRobot社の顧客サポート・サービスについて
3年前に掃除機の買い換えを思い立ち、ルンバの評判をネット上で調べ買うつもりになっていたある日、偶然某デパートでの店頭実演販売に遭遇してその場で即決購入しました。そのときの販売員(おそらく本社の営業マン)がユーザー登録をしておいてくれると言うので、ユーザー登録ハガキを出さずにいたら1年経過しても何の案内状も来ません。使えるのでそのまま使用していたら、十数ヶ月経過した秋頃にはバッテリーがダメになって充電できなくなりました。で、サービスセンターに電話していきさつを話したところ、1年の保障期間を過ぎているのにも関わらずユーザー登録をしていただき、無料の初回メンテナンスのサービスを受けることができました。この経験からiRobot社のサポート・サービス体制はきちんとしているという印象を持っています。

◎有料メンテナンスについて
有料メンテナンスの内容は、本体の動作チェック、付属品の動作チェック、最新ソフトウェアへのアップデート、分解・清掃です。¥7,000のレギュラーパックと、バッテリー交換をプラスしたサービスパック¥17,500(共に税込・往復送料込)があります。今年初め、有料メンテナンス「サービスパック」を申し込み利用しました。ダスト容器のフィルターをセットする箇所にゴム製のベロがあるのですが、接着部分が2センチほど剥がれてしまい、修理をお願いするメモ書きを添えて送りました。納品されたルンバは本体の一部であるダスト容器そのものが新品に交換されており、修理などが発生した場合は修理代無料(レギュラーパックの場合は有料修理)なら「¥17,500」も納得の範囲かなと思うようになりました。

メンテ申し込みの時に、使用機種を無料下取りしたうえで店頭デモで使用した最新モデルを特別価格で買い換えられるという案内もあったのですが、現在の機種をまるで減価償却していないので断りました。でも、しつこい売り込みはありませんでした。

◎日頃の手入れについて
初めの頃は使用後のお手入れが結構たいへんだよなーと感じていましたが、コツを掴んで慣れてしまうと時間もかからず、それほど負担に思わなくなりました。今では使用後必ずささっと手入れしておきます。我が家は犬・猫のペットもいないしロングヘアーの人間もいないので、パワーブラシの手入れも楽です。細かい部分や手が届かない箇所も、スティックの先に超極細のアクリル繊維製不織布がついた「すきまクロス」という超便利商品(本来はトイレ掃除用/トイレ以外でもレンジフードの掃除やあらゆる場所の隙間の掃除に大活躍)を駆使してきれいにするのが楽しいくらいです。
続きを読む
タグ:便利品
posted by Masako at 15:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | impression | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月06日

佐渡島 花の山旅

佐渡島大佐渡山系は山野草の花好きにはたまらない花の宝庫。特に今年の春の佐渡島フラワートレッキングは最高です。

今年の春はいつまでも寒く、従って山間部の残雪が例年になく多いようです。ということは佐渡島ならゴールデンウィークでも初春の花も未だ見られそう。そんな狙いで今月2〜4日で、佐渡島にフラワートレッキングに行ってきました。実は2002年に初めてドンデン山からアオネバ渓谷を歩きました。その年は平年より早くアオネバ渓谷のシラネアオイが早めに見頃になっていて、興奮しながら歩きました。しかし当然オオミスミソウはすっかり咲き終わり、カタクリも盛りを過ぎていました。オオミスミソウの宝庫といわれる角田山(新潟)でもベストな咲き時期にぴったり合わなかったこともあり、“雪割草”(オオミスミソウ)を見たい気持ちは募るばかり…。今年こそ雪割草リベンジするぞー。

狙いは的中。ワタシはエライ(笑)
思っていた以上に多い残雪で計画通りには歩けなかったりもしましたが、「花見ハイキング」としては大いに堪能しました。サイトでのレポート作成に先駆けて、こちらで簡単な紹介をしておきます。
続きを読む
posted by Masako at 18:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅・山旅・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする