新着記事
2009年08月14日

台風9号で御嶽山登山が下見旅行に(泣)

今年の夏山山行に御嶽山を選んだのは、映画『劔岳 点の記』を観て山岳信仰に関心を持ったからでした。少々不謹慎な言い方になりますが、先ずは白装束で登山する「信仰登山」を実際に見てみたいと思いました。山岳信仰登山といえば富士山、白山、立山の「三大霊峰」ですが、実際に今なお信仰登山が盛んなのは、おそらく御嶽山と月山なのではないでしょうか。御嶽山ではいにしえの山岳信仰の「御嶽講」から「御嶽教」という教派神道も発展しているので、今も講を組織しての御嶽登拝が盛んに行われているようです。

御嶽山は深田日本百名山のひとつでもあり、当然信仰に無縁な「スポーツ登山」「レジャー登山」の対象でもあります。標高2000m前後の山腹の登山口までバスやロープウェイで上がれるため、一番短いコースで往復登山をすれば日帰り登山もできます。それにも関わらず山腹や山頂には、信仰登山の人たちのための幾つもの宿泊施設があります。これらの宿坊を兼ねた営業小屋に泊れば余裕がある登山ができます。しかも主コースは比較的危険な箇所がないため、御嶽山は日本アルプスの中でもビギナー登山者向きとも言えます。

とういことは「万年初心者宣言」をしている私にとってもおあつらえ向き。おまけに岐阜側へ下山すればそこは濁河温泉。「登山も温泉も派」にはピッタシのコース!山岳信仰の風習に触れられかつ登りやすい3000m峰、そして独立峰ならではの展望と美しい高山池の眺め。御嶽行きに期待が高まります。8月9日〜12日で旅行し、10日に王滝コースで登って御嶽山頂直下の「御嶽剣ヶ峰山荘」泊、11日に岐阜頂上から濁河温泉へ下山という計画。ところが天気予報では10日は雨。7月下旬に登った仙丈ヶ岳と同じように、またしても雨の中の登山になりそうでがっくり。しかし今回は11日明け方には晴れという予報なので、山頂からの展望はもちろんご来光も見られそう。しかしそうは問屋が卸さず…。

木曽福島駅を発車したバスが御嶽山三合目あたり王滝口を過ぎると、霊場でもある滝や御嶽教教会、新旧の「御嶽講」の石碑が現れて、信仰の山の雰囲気が濃くなります。



田の原から見る御嶽山王滝コースの登山口「田の原」に到着した9日夕方の天気は曇り。途中のバスの車窓からは中央アルプスの高い峰々が雲間から見えていたのですが、田の原から見える御嶽山の上部は分厚い雲の中でした。
続きを読む


タグ: 登山
posted by Masako at 19:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅・山旅・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年08月10日

秘湯の会新規加盟の朝日荘

200908101545003.jpg
更新が滞っているので、たまにはメール投稿で。
飛騨の濁河温泉に来ています。本来ならば御嶽山から下山する明日泊まる予定でしたが、台風9号の影響で今日登れなくなってしまい宿泊日を変更してもらいました。宿は朝日荘です。「濁河温泉」の引湯と若干成分が異なる自家源泉との二種類の温泉が味わえます。
旅館の公式サイトはありませんが、小坂町のサイトに「日本秘湯を守る会会員宿」とあるのに秘湯を守る会のガイドブックや公式サイトに掲載されていません。不思議に思っていたら、今年4月に加盟したばかりなのだそうです。とても良い温泉です。詳しい記事は帰京した後で。

《追記》濁河温泉朝日荘の詳しい記事は
濁河温泉 朝日荘 (08/17)
posted by Masako at 21:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | 旅・山旅・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。