新着記事
2008年11月21日

エベレストに向かって叫ぶとしたら

海外旅行に行くときに、インターネットで行き先の天気予報が閲覧できるというのはこの上なく便利。事前に旅行会社から気候の説明を受けていても、現地の週間天気予報を見れば最高気温・最低気温までわかって一目瞭然。

で、実は明日からヒマラヤを見にネパールへ旅行することになっているのだが、持って行く服を準備するにも予報を眺めつつ微調整できて、便利な世の中になったものだなあと悦に入っていたのだが…。
週間天気予報の核心部分が更新された一昨日夜、意外な展開になってしまいガックリ意気消沈している。

スケジュールは
11/22(土)出国→バンコク(トランジットのため宿泊)
11/23(日)バンコク→カトマンズ
11/24(月)カトマンズ→ルクラ→シャンボチェ→(徒歩)→ナムチェバザール
11/25(火)ナムチェバザール→(トレッキング)→シャンボチェ(ホテル・エベレスト・ビュー)
11/26(水)自由行動(出来たら4200mピークへ登山)
11/27(水)シャンボチェ→ルクラ→カトマンズ
11/28(木)(フライト予備日)カトマンズで終日自由行動
11/29(金)帰国へ カトマンズ→バンコク→成田(30日早朝着)

で、カトマンズの天気はおおむね良さそうなのだが、肝心の山岳地帯の予報が悲惨なことになっている(泣)

ネパール・ナムチェバザール(24日宿泊)
ネパール・ナムチェバザールの天気予報キャプチャ

ネパール・ナムチェバザールの天気予報
続きを読む
タグ:登山
posted by Masako at 05:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 旅・山旅・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年11月09日

猿ヶ京温泉 蔵やしき野の花畑

三国路自然歩道を歩いて猿ヶ京温泉へ下山し(前記事参照)、宿泊した旅館の紹介です。
蔵やしき野の花畑
《参考》
猿ヶ京温泉旅館協同組合



※青枠がある写真はクリックするとサブウィンドウで拡大表示。サブウィンドウはドラッグして移動することができます。

猿ヶ京温泉には12年前にも宿泊しているが、当時には今回泊まった「蔵やしき野の花畑」のようなタイプの旅館はなかったかもしれない。センスが良い作りの建物。こぢんまりして団体向きではない収容規模。落ち着いていてしかも安らげる雰囲気。“手作り”や“有機栽培”などにこだわった食材の料理。このような宿は、間違いなく女性客受けする。私自身も好みのタイプのひとつである。
ただ、最近こういうセールスポイントの旅館は増えているので珍しくなくなり、印象が薄くなってしまうのも事実である。

「蔵やしき野の花畑」ロビー
「蔵やしき野の花畑」ロビー
「蔵やしき野の花畑」が、今まで私が泊まった似たようなタイプの旅館の数々の中でも強く印象に残ったとすれば、それは館内がとても静かだったということである。国道から少し奥に入った場所にあるので、車の通行音も聞こえない。連休だったので満室だったにも関わらず、廊下やロビー、そして浴室も静けさに満ちていた。子供の宿泊がなかったみたいなので、たまたまなのかもしれない。しかし玄関ロビーを通りお風呂に行くときなど、従業員同士が小声で話す気配りを何度も目にした。館内が静まりかえっていれば、自然に宿泊客も廊下で大声で話したりしないものである。あの静けさは本当に心地よかった。

猿ヶ京温泉の温泉成分はカルシウム・ナトリウム - 硫酸塩温泉。肌に優しく良く暖まる泉質である。露天風呂は循環だが、内湯は掛け流し。源泉温度が高いので加水しているとのこと。加水・加温の情報をありのまま表示しているのは好感が持てる。

内湯
内湯
露天風呂
露天風呂

続きを読む
タグ: 温泉
posted by Masako at 16:38 | Comment(2) | TrackBack(1) | 旅・山旅・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年11月07日

紅葉の三国路自然歩道

11月2日に群馬県の三国路自然歩道を歩いてきました。三国路自然歩道は一般的に三国峠と永井宿を結ぶコースを言い、旧三国街道の一部を歩きます。また与謝野鉄幹・晶子、若山牧水、川端康成、北原白秋など多くの文学者が旅をした峠道です。私たちは三国峠に登ってから三国路自然歩道を永井宿との分岐まで歩き、コースを治部歩道に取り猿ヶ京温泉へ下山しました。コースは約10.5q、所要標準タイム4時間30分です。

《参考》
みなかみ町観光情報
※自治体の公式サイトでの三国路自然歩道についての詳しいコース紹介は、残念ながら今現在ネット上にはないようです。
◎ガイドブック『いで湯を楽しむ100山(関東近辺)』- 三国峠路/実業之日本社発行
関東近辺 いで湯を楽しむ100山―山歩きを満喫、温泉で疲れを癒す最高のコース完全ガイド (ブルーガイドハイカー)
◎新治村観光協会発行のパンフレット「三国峠」

《MAP》今回はSeesaaブログの地図貼り込み機能を使ってみました。

※青枠がある写真はクリックするとサブウィンドウで拡大表示。サブウィンドウはドラッグして移動することができます。

コース入り口
コース入り口
上毛高原駅からバスで猿ヶ京(終点)へ。法師温泉からあるいは永井宿から登る場合は、みなかみ町の町営バスを利用する。私たちは三国トンネル手前の登山口から登るためタクシーを利用した。バス終点停留所の向かいにタクシー営業所(新治タクシー)がある。予約しておいた方が無難。コース入り口は三国トンネル手前の上越橋を渡って右側。

雑木林の紅葉
雑木林の紅葉
紅葉した自然林のなかを30分ほど登ると三国路自然歩道に上がる。左に三国峠へブナの林の中を進む。楽しみにしていたブナの黄葉は終わってしまっていて残念。


-- 三国峠 --

三国峠 三国山と御阪三社神社
三国峠 三国山と御阪三社神社
三国峠からの苗場山(望遠で)
三国峠からの苗場山(望遠で)

続きを読む
タグ: 登山
posted by Masako at 14:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅・山旅・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする