新着記事
2008年09月04日

新高湯温泉 吾妻屋旅館

前記事「白布温泉 東屋旅館」からの続きです。
翌朝白布温泉から路線バスで天元台湯元駅へ。天元台湯元駅のコインロッカーに登山に必要がない荷物を預け、ロープウェイと夏山リフトを利用して西吾妻山に登りました。コインロッカーはロープウェイで上がった天元台高原駅にもあるそうです。新高湯温泉吾妻屋旅館へは天元台高原から直接下りる登山道があるのですが、荷物を湯元駅のコインロッカーに預けているので湯元駅までロープウェイで下り、電話で旅館の送迎車をお願いしました。

【参考】
新高湯温泉 吾妻屋旅館
白布温泉 東屋旅館
天元台高原



※写真はクリックするとサブウィンドウで拡大表示します。サブウィンドウはドラッグして移動することができます。

旅館のサイトで“山奥”にあることを強調しているが、旅館まで車で入れることもあり到着したときはそれほど山奥という感じは持たなかった。しかし一歩玄関を入ると、薪ストーブが燃える簡素な造りのロビーがあり、家族経営の宿が醸し出すくつろいだ雰囲気…。まさしく山奥の秘湯の一軒宿。

吾妻屋旅館
吾妻屋旅館
薪ストーブを焚いているロビー
薪ストーブを焚いているロビー


さっそくお風呂へ。ヒバ造りの内湯には源泉がドボドボと注ぎ込まれ、完璧なオーバーフロー。湯加減がちょうど良くて、山歩きの疲れが癒えていくのを感じる。湯が出るカランが源泉なのはよくあるが、ひとつあるシャワー設備のシャワーも源泉なのは珍しい。4箇所ある露天風呂のうち3箇所は混浴で、夜の8時〜9時半(だっけ?)が女性タイム。1箇所は女性専用露天風呂で、朝7時〜8時半は男性タイムになる。

内湯
内湯
女性専用露天風呂
女性専用露天風呂

続きを読む


タグ: 温泉
posted by Masako at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 旅・山旅・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。