新着記事
2008年08月29日

白布温泉 東屋旅館

8月21日から24日に西吾妻山登山の山旅をしてきました。東北の山登りでは登山のベースに山麓の温泉宿を利用することがよくあります。しかも良質の温泉が多いので楽しみも倍増です。今回は米沢の白布温泉「東屋旅館」と、更に山に分け入った場所にある新高湯温泉「吾妻屋旅館」に泊まってきました。計画では西大巓・東大巓にも登るつもりでしたがあいにく天気が悪く、22日に西吾妻山への往復だけになりました。23日は米沢市内観光に切り替えたので旅の中心は温泉になり、まさに温泉三昧の旅でした。

【参考】
白布温泉 東屋旅館
新高湯温泉 吾妻屋旅館
天元台高原



※写真はクリックするとサブウィンドウで拡大表示します。サブウィンドウはドラッグして移動することができます。

東屋旅館
東屋旅館
白布温泉はかつて東屋、中屋、西屋の三軒並んだ茅葺き屋根造りの旅館あることで人気が高く、たまたま夫が昔立ち寄り湯をしたこともあり、私もいつか泊まってみたいと思っていた。2000年に火事で中屋と東屋が焼失してしまったニュースは、今でも覚えている。類焼によって焼失した東屋旅館は、白壁が瀟洒な洒落た旅館に再建された。

しかし建物が変わっても温泉は変わらない。浴室は吹き抜けの天井が高く、「湯小屋」の雰囲気がある。特に内湯「滝風呂」は素晴らしい。3本の「打たせ湯」が滝のように音を轟かせて落ちている。湯量が非常に豊富なので、浴槽の縁から溢れる(オーバーフロー)お湯で、浴室に入ったところなど“お湯だまり状態”になっているのには驚いた。

打たせ湯がある滝風呂
打たせ湯がある滝風呂
浴槽の縁から溢れるお湯
浴槽の縁から溢れるお湯

続きを読む
タグ: 温泉
posted by Masako at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・山旅・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年08月11日

登山者の高齢化と登山用サポートタイツ

今年の夏山山行で、脚の筋力をサポートしてくれるという登山用サポートタイツを着用している人をけっこう見かけました。

これです。

参考サイト→サポートギア - ワコール CW-X

数年前と比べたらずいぶん愛用者が増えたみたいです。ネット上の山仲間の間でも、まず若い人…登山レベルが高くしかも新しもの好きの…が愛用し始めたのが、中高年登山者も…いや脚力の衰えを自覚しだした中高年だからこそ…今どんどん着用し始めたようです。
続きを読む
タグ:登山
posted by Masako at 18:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | impression | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年08月03日

双六岳・三俣蓮華岳(2008年7月30日)

7月28日から31日にかけて、双六岳と三俣蓮華岳に登って来ました。正確には27日に登山口がある新穂高温泉に入り宿泊し、下山して再び新穂高温泉で泊まって帰って来たので、麓に2泊、山中に3泊の5泊6日の山旅でした。



鏡平山荘1泊、双六小屋2泊と山小屋に3泊もしたのに、三俣蓮華岳へ往復しただけです。ちょうど夏山シーズンの最盛期で、山小屋はとても混雑していました。その大勢の登山者たちのなかでも、このような「のんびり登山」をしたのは、おそらく私たちだけかもしれません。

登山道や山小屋で、「どこから来ましたか?」「どちらへ?」と尋ねるのは、見知らぬ同士のご挨拶代わりのようなものです。この場合は当然「東京から来ました」とか「遠く九州から…」という意味ではなく、「どこから入山したのか?」「どの山に向かうのか?」という意味です。で、ご多分に漏れず私たちも散々尋ねられたのですが、行程を説明すると決まって「ちょっと信じられない」という顔をされます。双六岳・三俣蓮華岳は、一般的には雲ノ平とその周辺の“百名山”の山々や槍ヶ岳、笠ヶ岳へのコースの通過点に過ぎないからです。

※青枠がある写真はクリックするとサブウィンドウで拡大表示。サブウィンドウはドラッグして移動することができます。

稜線漫歩(三俣蓮華岳へ)
稜線漫歩(三俣蓮華岳へ)
体力・脚力に自信がないゆえの行程であるにしても、連泊にしたのはこの周辺のお花畑と展望を心ゆくまで堪能したいからでした。双六小屋に着いた日は天気がイマイチで、双六岳山頂部はガスに包まれていました。いったん登りかけたのですが、翌日の天気に期待してすぐにやめ、お花畑を眺めながらの「中道」散歩に切り替えました。翌日30日は素晴らしい快晴。おかげで天気が良い日の雲がない朝のうちに、展望を楽しむ稜線漫歩ができました。
続きを読む
タグ:登山
posted by Masako at 18:30 | Comment(6) | TrackBack(0) | 旅・山旅・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする