新着記事
2008年02月09日

ブラウザによる表示の違いを確認するためのサイト

自分のサイトが他のブラウザでどんなふうに見えるのかを、簡単に確認できるサイトの紹介
webページはブラウザによって見え方が違います。ネット初心者やサイト作成の初心者…つまりホームページビルダーなどでサイトを作るレベルの人が、ブラウザが異なると自分が思ったとおりに表示されないこともあるのと知るのは結構後のことだったりします。皆が皆Internet Explorerでネットをしているわけじゃありません。また同じInternet Explorerでも同じFirefoxでも、バージョンやOSや解像度の組み合わせで見え方が千差万別。デザインの崩れが起きたり、ひどい場合は画像やテキストが重なり、まったく読めないような表示になってしまう場合もあります。

低いバージョンを含めた全てのブラウザで同じに表示されるページを作るのは結構至難の業なので諦めるとしても、せめてユーザーが多い主要ブラウザくらいはチェックしたいところ。そのためにパソコンに複数のブラウザをインストールしておくと便利ですが、それも限度があります。先ずパソコン初心者だと敷居が高いし、使用しているパソコンの限界などでブラウザの複数インストールは難しいこともあります。私の場合、Internet ExplorerとFirefox、また表示チェックのみの目的でNetscapeを入れていました。しかしNetscapeは3月1日にサポートが終了しFirefoxへの移行を推奨しているので、ついにNetscapeをアンインストールしました。

そこでブラウザによる表示の違いを確かめられるサービスがないものかと探したところ…。ありました。
続きを読む
posted by Masako at 18:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | サイト制作試行錯誤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年02月09日

webページの横幅

webページの横幅は今まで「800×600px」という解像度をひとつの基準にして作成するもんだという了解がありました。ところがYahoo! JAPANのリニューアルを受けて、そろそろ最大1000pxにしてもいいじゃないのかという動きが目に付きます。

参考
発端はたぶんこちら→Yahoo! JAPANのデザインが横幅950pxに変更されるという時代の流れ
1000px弱時代のWebデザイン
ウェブサイトの横幅と高さをYahoo!リニューアルから改めて考える

このブログではなく、いわゆるホームページとして作っているサイトを持っているので、私もトップページのサイズを見直すことにしました。webページの横幅はサイズを固定すべきではないという考え方にも理があるので、私はコンテンツ内部のページは絶対値で固定させず、余白をスタイルシートで%指定してあります。ただサイトの入り口のトップページは、例外的にピクセル指定で横幅を決めていました。それはスクロールしないで見られる領域になるべく多くの情報を表示させたい、デザインも重視したいという理由からです。もう少し横幅を広げられれば、もっと見やすいページになるかもしれない…。
続きを読む
posted by Masako at 16:47 | Comment(6) | TrackBack(1) | サイト制作試行錯誤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする